薬剤師になるには?方法と薬学部の受験難易度、お金の問題、忙しさ【まるっと解説】

薬剤師になりたいなるには方法薬学部難易度学費忙しい偏差値
将来薬剤師になりたい!と思っているものの、どうやったら薬剤師になれるかわからない。

そんな悩みや疑問を抱えているひともいると思います。

こういった悩みは「薬剤師になるなら薬学部に通えばいいよ」で答えになる場合もありますが、もっと深くて多岐に渡る疑問点があるものです。

大きく分けて「薬剤師になる方法」「薬学部に入るための難易度や必要な学力」「薬学部に通うためのお金の話」そして「薬学部在学中の勉強と薬剤師国家試験の話」という4つのポイントをクリアにしたいところ。

具体的な悩みとしては以下のようなものがあるでしょう。

・薬剤師になる方法

薬剤師になるにはどうすればいいの?方法は?
薬学部は4年制だと薬剤師免許が取れないって本当?
高卒の学歴では薬剤師になれないの?

・薬学部に入るための難易度、必要な学力について

薬学部受験の難易度はどれくらい、難しいの?
高卒では薬剤師になれないの?
簡単に入れる薬学部はある?

・薬学部に通うためのお金の話

薬学部の学費は高くてお金持ちしか無理?
薬学部でアルバイトしながら学費を稼ぐことはできる?

・薬学部在学中の勉強と薬剤師国家試験の話

薬学部は勉強が忙しくて、難しいの?
卒業試験に落ちて留年する人ってどれくらいいるの?
薬剤師国家試験は難しいらしいけど落ち続けたらどうなるの?

この記事では、これらのポイントについてを整理しつつ、当ブログ内の関連記事の紹介もしていきます。

薬剤師になりたい、薬学部に進学したいと考えている中学生や高校生、あるいはそのご両親向けにまとめた記事ですので、必読ですよー。


【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


薬剤師になる方法は「6年制の薬学部に進学する」


まず、基本的なこととして、薬剤師になるには大学の薬学部に進学し、卒業する必要があります。
その後、薬剤師国家試験を受験し合格することが薬剤師になるための必須条件です。

注意点としては薬学部は4年制と6年制がありますが、薬剤師になれるのは6年制だけです。
4年制の薬学部を卒業しても、薬剤師国家試験の受験資格がありませんのでこれた超重要です。

薬学部4年制は薬剤師免許とれない(泣)薬剤師免許取得方法

絶対に間違えないようにしましょう。

現在6年制の薬学部を設置している大学は日本国内に70校ほどあります。

これらの薬学部であればどの大学でも薬剤師国家試験の受験が可能です。
あくまで「6年制」の「薬学部」であれば良いのです。

極端な話、東京大学の薬学部だろうが、地方で偏差値の低いいわゆるFランク大学の薬学部であっても、薬剤師国家試験の受験資格はもらえるのです。

Fランク薬学部で良い理由:薬剤師飽和する飽和する詐欺は気にすんな

そして合格すれば、同じ「薬剤師」です。
ちょっと不思議な気もしますが。

薬剤師になるにはどうすればいい?中学生向けに解説してみよう

一方で、ときどき、「高卒」で、通信講座などで勉強して薬剤師になれないか?と考える人もいます。
しかし、上述のように6年制の薬学部を卒業しない限り、薬剤師国家試験の受験すらできません。

そのため、高卒の学歴では薬剤師にはなれません。

ただし、登録販売者や、調剤薬局事務、医療事務などの「薬剤師に近しい資格」であれば高卒でも取得できます。

薬学部はどこがいい?薬剤師になりたい!薬系大学を選ぶポイント4つ
薬剤師になるには高卒では無理:ユーキャンでとれる薬剤師に近い資格

薬学部に入るための難易度、必要な学力について「簡単に入れる薬学部もある。医学部とはレベルが違う」


薬学部って難しいんでしょ?
薬剤師って人の命に関わる専門的な仕事だし。

それに、薬剤師の仕事って高給で、安定してるから薬学部の倍率も高そう。

そんはイメージを持っているひとも多いかと思います。

こういったイメージは半分正解で、一部の国公立大学薬学部や、有名私立大学の薬学部は非常に難易度が高いです。

とはいえ、比較的倍率が低い・入試難易度それほど高くない薬学部もあります。

薬剤師ってそれなりに勉強しないといけないのですが、ぶっちゃけ医師・医学部のと比較すると難易度、勉強量はレベルが違います。

医学部と薬学部の難易度、勉強量は違うよという話

難易度の高い大学の薬学部に進学するなら、かなり受験勉強が必要ですが、大学を選ばなければ偏差値30台でも十分狙える大学がたくさんあります。

受験科目も限られている大学もあります(たとえば英語が受験科目に入ってなかったり)。

薬剤師になるには高校の偏差値どれくらい?選択科目は?
薬学部英語なしで受験できるの?偏差値30台からの薬剤師

前述のように大学がどこであろうと、薬剤師国家試験に合格してしまえば「薬剤師」になれるわけですから、いくらでも受験勉強で楽ができてしまいます。

かつて規制緩和によって薬学部が乱立された時代がありました。
その影響で、一部の私立大学の薬学部では不人気、定員割れしているところもあります。
あえて、こういった大学を狙うのもありですね。

薬学部定員割れ現象のメリットデメリットを整理した


薬学部に通うためのお金の話「私立大学は学費が高いが、国公立、奨学金もある。バイトもできる」


「薬学部は学費が高いよ」

こんな話を聞くことがありますよね。
そう思っている人も多いかと思います。

実際、私立大学の薬学部の学費はとても高額になります。

6年間で、学費だけで1000万円以上、学費が高い大学だと2000万円くらい必要だったります。
これってごくごく普通のサラリーマン家庭にとってはかなり厳しい額ですよね。

私立大学の薬学部の学生を見てみると、医師や薬局経営者のお子さん達も多いのが現実。

とはいえ、家庭が裕福でないと薬剤師になれないわけではありません。

薬学部の学費高い!必要な親の年収は?お金がないと薬剤師になれないの?

国公立大学の薬学部であれば、学費は全学部共通ですから、年間60万円ほどの学費で済みます。

また、奨学金制度もありますし、薬学部においては、将来特定の地域で薬剤師として勤務することを条件とした「返済免除の奨学金」も利用できることがあります。

薬学部向け奨学金(返済免除)を知ってるか【薬学生必見】

薬学部は忙しい、バイトできないと言う人もいますが、職種を選べば多少はアルバイトして勉強との両立も可能です。

私も母子家庭の貧乏育ちですが、某国立大の薬学部に自宅から通学し、学習塾でアルバイトをしていました。

薬学部・薬学生は忙しい!おすすめのアルバイトと平均月収目安、応募手順【結論:ドラッグストアがベストです】


薬学部での勉強と薬剤師国家試験「忙しいし難しいけど、なんとかなる」


薬学部の勉強って忙しいんでしょ?ついていけるか心配。
そんな不安もありますよね。

先程書いたように、医学部と比べれば薬学部の勉強は簡単です。
とはいえ、薬学部の6年間は結構勉強させられます。

私も学生時代、文系学部に進学した友人と比べて、同じ大学生でもここまで違うのかと驚きました。

普通に1年生から授業がつまっているし、単位取得のための定期試験も非常に難しいです。

薬学部って、結構いろんなことを勉強するので、普通に講義の数も多いですから、アルバイトやサークルに明け暮れる大学生活をイメージしていると激しく後悔するでしょう。

薬学部の勉強内容で意外なもの5つ!本当に薬剤師に必要なの?

当然、勉強についていけなければ留年します。

とくに私立大学の薬学部では、見かけの国家試験合格率を高くするために、卒業前に非常に難しい卒業試験を課します。
これに合格できなければ卒業延期となって、薬剤師国家試験を受験させてもらえなくなります。

卒業が遅れれば学費や生活費が余分にかかりますし、社会人として収入を得る期間も遅れてしまいますよね。

薬学部の卒業試験に落ちた!まずやるべきこと
薬学部しんどい?授業、勉強についていけない?じゃあこれ読め

また、なんとか卒業できたとしても、本番の薬剤師国家試験も難しいのです。
私の知人でも、5年以上連続で薬剤師国家試験に落ち続けた人がいます。 

薬剤師の国家試験は難しい?難易度は?落ち続けるとどうなる?
薬剤師国家試験に受かる気がしない時に考えるポイントはこれだ!

薬剤師国家試験や卒業試験に落ち続けると結構孤独で、なかなかモチベーションも上がらなくなります。

一人で戦い抜くには結構厳しいものがあります。

薬剤師資格は独学で取れるのか?という質問に網羅的に答えるわ

とはいえ、過度に心配する必要はありません。

薬学部の勉強は、忙しいとか大変とか言われますが大半の人は、留年なり、薬剤師国家試験に何度も落ちるなりしても最終的には薬剤師になっています。

大学側としても、卒業生を薬剤師として送り出さなければ、その存在意義を問われてしまうわけですから。

とある私立大学の薬学部で教員をしている友人の話では、とにかく、学生の進級・薬剤師国家試験対策の授業に追われて大変だといいます。

まるで予備校だと。

薬剤師国家試験:宅浪する浪人生が気を付けるポイントを書いておく

これが良いことがどうかは微妙ですが、すくなくとも学生にとっては、いまの薬学部教育は学生をしっかり薬剤師に仕立て上げるために親身になってくれるということです。

学生としては一生懸命やりさえすれば心配ありません。
なんとかなります。

それでは。


あわせて読みたい




その他の投稿記事一覧はこちら

よろしければtwitterフォローお願います