医学部・医師(医者)ってどうよ?偏差値、難易度、学費、再受験、多浪・・・【完全解説ガイド】

医学部偏差値難易度学費再受験多浪
今回の記事は、当ブログで扱っている「医師・医学部」に関する総まとめ記事です。

・医学部進学や医師(医者)の仕事に興味がある若者

・実際に医学部受験の勉強中の受験生

・かつて医学部に挑んだが断念した人(再受験挑戦中も含む)

・現役の医学部学生・医師の恋人や配偶者

・医学部を中退した経験のある人

こういった人のための「医学部・医師(医者)ってどうよ?」という疑問に関する解説を、関連記事を紹介しつつガイドしたまとめ記事となっています。



【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


医学部受験がとにかく難関、難しすぎる。諦めるべきか?


だけど、だけどぶっちゃけ医学部が難しすぎるし、受かる気がしないって人も多いでしょう。

なんで医学部ってこんなに難しい、倍率高くて人気なの?
医者になりたいんだが頭が悪い、どうすればいいんだ。
簡単に入れる医学部は無いのか?!

こんなことを考えている人には、下記の記事がおすすめです。
頭を一度整理しましょう。



この記事と関連記事でわかること
✔医学部受験の難易度

✔医学部がこんなに難しくて人気が高い理由

✔頭が悪いけど、どうしても医学部に行きたい場合にできること

✔医学部行きたいけど実は文系だった!という時の対処法

モテたいならば医学部へ行け:医者が恋愛市場で勝ち組過ぎる

医学部に行きたい人(特に男子)の動機の一つに「モテたい」というのがあります。

ゲスな動機ですが、「モテたい」という欲望は大きなエネルギーを生むものです。
男ってそういうもん。

んで、ぶっちゃけ医学部行ったり、医者になったら本当にモテるのか?というとモテます。

たとえ不細工や多少のコミュ障でも、「医者、医学生が好き」という女性が寄ってきますし、婚活・恋愛市場では医者は勝ち組すぎます。

イケメンとかなら無双状態です。

わかりやすい高収入・ハイステイタス、それが医者ですから。

医学部行ってモテたい人は、ぜひ下記の記事がおすすめです。



この記事と関連記事でわかること
✔医学部、医者不細工なら不細工でもモテる

✔医学部・医者でイケメンなら無双できる

✔医者なのにモテない人と特徴

✔医学部女子の恋愛事情

✔医者は「浮気三昧」かというとそうでもない現状について


医者になりたい!でもお金がないと無理?医学部の学費、医者の年収【お金の話】

医学部に入学して医者になるためにはかなりの学力が必要ですが、一方でお金もかかります。

国公立大学の医学部はそうでもありませんが、私立大学の医学部に進むには学費だけで2000~4000万円ほど必要。

「超合格な医学部の学費はどうやって払うのか?」

「私立大学医学部に進学できる人の親ってどれくらいの年収が必要?」

「医者になった後の年収はどれくらい、学費のもとはとれるの?」

こういった疑問を持っている人は下記の記事をどうぞ。

医学部の高い学費はどうやって払う?医者の年収と、なるまでの費用:もとは取れるのか【まとめ記事】


この記事と関連記事でわかること
✔医学部の高額な学費を払う方法

✔私立大学医学部に通える人の親・家庭の必要年収

✔医者(研修医含む)の年収の概要

✔医師の年収の今後の動向



【医学部受験の闇】多浪は当たり前?悲惨な末路も:諦めるタイミングと後悔


医学部受験は難関で、現役の一発合格なんてできるのはよほど優秀な学生だけ。

多くの学生は数年間の浪人生活を経て医学部入学を果たします。
そして、少なくない学生は、結局医学部受験に合格できないまま、断念・諦めていかざるを得ないのです。

これが現実、医学部受験の闇です。

そして、その後に待っているのは悲惨な末路や、激しい後悔の人生かもしれません。

医学部受験に挑むのは、覚悟と、正しい引き際が必要なのです。

こういった「医学部受験の闇」に取り込まれないためにはこちらの記事がおすすめ。

医学部受験の闇:多浪の末路は悲惨?断念・諦めた:その後に後悔しないように【まとめ記事】



この記事と関連記事でわかること
✔医学部受験に多浪はつきものだという現実と覚悟

✔医学部受験の多浪には、引き際がある

✔医学部受験の引き際・諦め時、後悔しないためのポイント

✔医学部受験を断念したあとに進むべき進路

女子で医学部を目指す時のポイント

女性の社会進出と、医学部人気の上昇によって、近年では女性で医師を志す人も増えてきています。

ただし、女性の場合、医学部受験におけるリスクや考慮するべきポイントが男性と若干異なっていたりします。

例えば、多浪がつきものの医学部受験では、後々ライフイベントしての「出産」が頭にある女性と比較して、男性の方が長期間の浪人に対して寛容な傾向があります。

かつては、医学部受験で女性を不正に差別していた大学が発覚して問題になったこともありましたよね。

もし「医学部を目指したいけど、ちょっと迷っている」という女性がいたら読んでほしい記事がこちらです。




この記事と関連記事でわかること
✔医学部入試で女性に対する差別や不正があった背景

✔女子学生で医学部志望者が徐々に増えている理由

✔医学部受験に臨む女子学生が持つべき覚悟

✔「年齢」が気になる医学部女子におすすめ:学生結婚、出産

✔医学部女子の恋愛事情路



医学部に「再受験」で挑戦!という道もあるぞ

医者になるには、高校卒業→大学受験(一般入試)→医学部卒業→医師というのが普通の流れですよね。

一方で、多くの大学では、医学部入試に「再受験」者向けの枠を用意しています。

医学部の再受験を利用するひとは、別の学部に所属中の大学生や、一度社会に出た社会人などです。

これらは狭き門ではあるものの、一度医学部を断念した人や、社会人となったあとに医師の道に興味を抱いた人にとってはありがたい制度です。

医師になるために、こういった「再受験」の仕組みを利用するという選択肢もあります。

そんな人におすすめなのが下記の記事です。



この記事と関連記事でわかること
✔医学部再受験の概要

✔医学部再受験に「寛容な大学」について

✔医学部再受験の難易度(無理ゲー?)

✔医学部再受験の闇とリスク:失敗と末路

✔医学部再受験をするのにおすすめの年齢

医学部合格はゴールじゃない!医師になるための勉強量

医学部受験・入試は大きな関門ですが、実はゴールではありません。

医学部は他の学部と比べても圧倒的に勉強が大変で忙しいです。
無事に医者になるためには、医学部受験合格後の試練を乗り越えなければなりますう。

下記の記事では、
「医学部の勉強ってどれくらい大変なの?」
「医者になるためにはどれくらいの勉強量が必要なの?」といった点についてまとめています。



この記事と関連記事でわかること
✔医者になるまでの長い道のりと必要な勉強量

✔医学部の勉強が大変、ついて行けない。最悪中退も

✔医学部中退の悲惨な末路

✔医者になれる人の特徴



薬学部と医学部の比較をしたら・・・。 

医学部への進学を考えている人の中には、薬学部・薬剤師という道が頭にある人もいるでしょう。

第一志望は医学部、数年の浪人の末、妥協して薬学部というのはよくあるパターン。

医学部と薬学部で迷う、違いを整理したいと考えている人は、こちらの記事を読んでみてください。


医学部と薬学部、医師と薬剤師の違いや、学費・必要な学力・勉強量や、将来の年収についても比較して解説しています。


この記事と関連記事でわかること
✔医学部と薬学部の、学費・必要な学力・勉強量やの違い

✔医学部と薬学部で、将来の年収の差

✔在学中の勉強の忙しさの違い

✔医学部と薬学部、「モテる」「モテない」の違い(男女別)

✔医学部ではなく薬学部を目指したほうがいいケースについて



あわせて読みたい






その他の投稿記事一覧はこちら

よろしければtwitterフォローお願います