医者になるには小学校からの戦略が大事


自分の子供を医者にしたいと考えている親も多いと思います。

特に、今後日本の経済は低迷して行きます。
一般企業では、将来世代の雇用や安定した収入といったものが保証される見込みはありません。
数十年先まで「食っていく」ための仕事として、安定した医者というものを考えるのはごくごく普通のことでしょう。

しかし医者になるにはたくさん勉強しないといけません。
難関の医学部に合格する必要があります。

そのため、「子供の時から」、「できるだけ早く」、医者になるために対策を行うことが重要になります。
医者になるには小学校からの戦略が大事なのです。

本記事では、医者になるにはどうすればいいのか、小学校の頃からどういう戦略を練っていけばいいのか、注意するべきポイントは何なのか、について整理しておきます。





【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きません)

医者になるには小学校時代から「医学部」を意識することが必要

まず、基本ですが医者になるには難関な医学部受験に成功し、入学後に無事に卒業しないといけません。
そして、国家試験に合格する必要があります。
その為には、「医学部の大学受験」が最も重要なキーポイントになります。
これを乗り切る必要があるのです。
いわゆる受験勉強においてトップクラスの成績を収める必要があります。

かなり難関で、競争も激しため、できるだけ早く、小学校時代から、この医学部受験を見据えて戦略をたてていきましょう。

医学部大学受験を乗り切るには高校からでは不利

さて、医者になるには医学部の大学受験を乗り切ることが必須ですが、大学受験の準備だからといって高校時代に頑張ればいい、というものではありません。

というのも高校というものはたったの3年間しかありません。
医学部に現役で合格する秀才もたくさんいますが、多くの医学部合格者は数年間の浪人を経て、ようやく合格している人も珍しくはありません。

高校時代のたった3年間は、医学部合格に必要な知識や受験テクニックを身につけることがいかに難しいかということがわかります。

多くの浪人生とも競うことになる医学部受験で合格を勝ちとるには、高校から準備を始めたのでは遅いのです。

医者になるには小学校からの戦略が大事、というのは、この要因が大きく関与してきます。


医者になる可能性を上げるには中高一貫教育の一択

さて、少しでも楽をして医学部大学受験を乗り切り、医者になる方法があります。

最も有効な手段の一つは「中高一貫教育」の学校に通うことです。

中高一貫教育とは、同じ系列の学校で、中学3年間と高校3年間の計6年間を過ごすカリキュラムです。
多くの私立中学、高校で採用されています。

この中高一貫教育の学校では、実は中学3年生のはじめ、あるいは途中から、「高校の学習内容」を先取りしてスタートすることが行われています。

「中高一貫教育」では、高校受験の対策をする必要が基本的にありません。
そのまま系列の高校に進学する場合、高校受験は免除されるか、あっても形式的なものだからです。
つまり普通の中学校で、高校受験の対策をしている期間を、先取りした「高校の学習内容」に充てるてることができるのです。

すなわち、普通の高校生が3年間で高校の学習内容を終えて大学受験に臨むのに対し、中高一貫教育で教育を受ければ3年半ないし4年間で高校の学習ができるということです。

一年浪人するのと同じくらいの効果があります。

実は私も中高一貫教育の学校に通い、4年間で、高校3年分の学習内容を勉強しました。
これってかなりアドバンテージがあります。

高校3年生の中盤以降は、ほぼ受験対策を中心に授業が行われます。
普通の高校では3年間で、高校3年分の学習内容を詰め込み、さらに塾や予備校に通って受験対策をすることになります。
このことを考えると、 中高一貫教育だとかなり余裕をもって大学受験対策ができるのです。
もし、少しでも楽をして医者になるには中高一貫教育の学校を選択するのがおすすめです。





私立中学受験のために小学校からできること

中高一貫教育の学校は基本的には私立の学校ということになります。
そのため小学校卒業時に中学受験をすることが必須になります。
小学校時代に塾に通ったり、それなりに中学受験対策をしてくれる小学校に通う必要が出てくるのです。
よって、少しでも楽をして医者になるには、小学校時代から「中高一貫教育の私立中学校の受験準備」が必要ということになりますね。

医者になるには小学校時代からできること

また、医学部の大学受験を経て医者になるには、小学校からできることがほかにもあります。

小学校時代からできる体力作り

大学受験に体力は必要だとよく言われています。
しかし、本気で医学部を目指し医者になるにはかなり勉強しないといけません。

比較的時間のある小学校のうちに体力づくりをしておいた方がいいでしょう。
球技などは、個人の運動神経の発達レベルが様々で、小学校時代には向き不向きがでていると思います。

でも、例えば水泳のような競技であれば、運動神経にかかわらずとりくむことができますし、体力を向上させることができますのでおすすめです。





英語だけは小学校時代から先取りできる

小学校時代から、大学受験に必要な高校で習うような勉強をさせるというのははっきり言って不可能です。
いくら賢い子であっても、高生がやるような数学の問題や、難しい化学や生物を理解することは不可能でしょう。

ただしひとつだけ例外があります。
英語です。

英語だけは、小学校(またはもっと早く)から始めておくことができます。
そうすれば、高校での勉強が格段に楽になりますよね。

英語というのは基本的に言語なので、どの年齢でも 身につけることができるはずです。
だってイギリスやアメリカで生活をしていれば、幼稚園児だって英語を喋れるでしょう。

高校時代に英語が得意という状態であれば、英語に多くの勉強時間を割く必要はありません。
空いた時間を数学や理科や社会の勉強に充てることができます。
もし少しでも楽をして医者になるには、小学校の頃から「英語」を先取りして学習しておくことが有効なのです。

小学校時代は自然科学に触れさせよう

もう一つ大事なことは、本人が医者になりたい、あるいは自然科学・生命科学に興味があるということが大切です。

そのため小さい頃、幼稚園や小学校時代かは自然科学に触れる機会を与えておくことが大切です。
中学以降は机の勉強ばかりになってしまいますからね。
これは何も難しいことではなく、草や花や虫、動物と触れて、それらの生態について 一緒に調べたり、理解していくという経験と積むのです。
そういう経験を小学校時代にたくさん得ていれば、 将来、「医者になる」あるいは「医者になるために必要な学習内容」について、自然に興味を持ち学んでくれることでしょう。

では。






あわせて読みたい

医学部で簡単なところは?国立なのに簡単に入れる、入りやすい=後で困る?
医学部を諦めた人が次に目指す進路は?
私立医学部に通うのに親の年収いくら必要なんだ!医者になりたい、金がない
薬学部の学費高い!必要な親の年収は?お金がないと薬剤師になれないの?


よろしければtwitterフォローお願います