医学部受験合格は塾なし・予備校なしで可能か?答え「無理じゃないけど効率悪い」


医学部はとっても難しいです
だから、医学部受験して合格するような受験生は高校の授業の後に、塾や予備校に通っています。

では医学部の受験に合格するためには、塾なし・予備校なしというパターンは不可能なのでしょうか?

本記事では、医学部受験における塾や予備校のメリット、及び塾なし・予備校なしで医学部に合格する方法について整理しています



【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


医学部受験にあたって「塾なし、予備校なし」のメリット

もしも医学部受験にあたり、「塾なし・予備校なし」で合格できる場合、どんなメリットがあるでしょうか。

最大のメリットは、塾や予備校にかかる費用が不要だということです。

大学の受験勉強において、必要な費用面を考えて塾や予備校を避ける学生・ご家庭はわりと多いです。

というのも、高校生が大学受験対策として塾や予備校に通うためには、月謝として月に数万円は必ず必要です。

日本の一般的なサラリーマン家庭の場合、月額数万円の塾代や予備校代を捻出するのは実は容易ではありません。
結構な負担です。

もしも、塾なし・予備校なしで、その費用がいらなくてで済むのであれば、その分を大学入学後の学費や諸経費に充てることができますからね。

兄弟が多い場合などはなおさらです。

医学部に限らず、塾や予備校なしでも、なんとか大学受験に合格できるのであればそれに越したことはありません。

医学部受験合格のために「塾なし・予備校なし」では難しい理由

しかし現実問題として、医学部受験合格のためには「塾なし・予備校なし」では厳しいというのが現状です。

現代の医学部は国公立、私立問わず非常に難易度および競争率が高いです。
将来、人命にか関わる仕事を最前線で担う医師になるわけですから、全ての大学の学部の中で最も難しいのが医学部で、激しい受験戦争がまき起こっています。

医学部を志望して、何年も浪人している受験生がごろごろいます。

高校の成績は優秀で、塾や予備校にも通って、さらに2年や3年浪人して受験勉強をつきつめた猛者が集まっているのが医学部受験の場です。

そこに「塾なし・予備校なし」で飛び込むのは、丸腰で戦場に行くようなものでしょう。

また、医学部に進学して、将来無事に医師になれれば、高い報酬を得ることができます。
そのため塾や予備校に多少のお金をかけたとしても、後々ベイすることができるのです。

そう考えて、医学部の場合は受験勉強における教育資金を惜しまない親御さん達が多いのも背景にあります。

医学部受験において塾や予備校で得られるもの


実際、塾や予備校に通うと医学部受験の合格可能性は大きく上がります。

一部の塾や予備校では、医学部受験に特化した対策や講師を揃えています。

だから、塾や予備校では、一般的に学力を向上させるだけではなく、医学部受験に必要なテクニックを教えてもらうことができます。

独学で本屋さんで買った参考書をもとに、自宅で受験勉強するのとは効率の面で明らかに異なるのです。
「勉強時間でカバーできないか?」と考える人がいるかもしれませんが、医学部受験を目指している人の場合、1日に12時間以上勉強するのはざらです。

時間的な資源は皆限られているため、後はいかに効率よく勉強をするか。
そこが医学部受験合格に必要なポイントなのです。

人間は皆、時間的な資源は限られていますよね。
一日24時間です。
あとはいかに「効率よく」勉強をするか?と言う戦いになってくるんです。

医学部受験に強い予備校や塾に行けば、この効率の面で他の受験生に差をつけることができると言う仕組みです。

逆に「塾なし・予備校なし」でいると、差を開けられるばかり、不利になるばかりです。

「塾なし・予備校なし」でも医学部受験に合格する方法・工夫

では、どうしても「塾なし・予備校なし」で医学部受験に挑まなければいけない事情がある場合は、どうしたらよいのでしょう?

もしも、塾や予備校なしで大学受験をしなければいけない場合に有効な方法としては、「は受験対策をしっかりしてくれる高校」に進学することです。

実は地域によっては、「塾なし・予備校なし」でいいくらい熱心に大学受験の対策をやってくれる高校があります。

地域の進学校の高校だったり、進学校で無くても「特別進学クラス」と言った大学受験に特化したクラスを設けている高校だったりします。

これらの高校に進んでいれば、「塾なし・予備校なし」ででもなんとか戦えるかもしれません。

また、少しでも大学受験を有利にするために、「中高一貫教育の学校」に進むのも良いでしょう。
中学と高校合わせて6年間のペースで授業を組み立ててくれるため、高校三年生の最後に急ぎ足で教科書を終わらせなくてはならない、なんて状況が生じにくいのが特徴です。

そのため、高校三年生の大学受験前に、おちついて試験対策ができます。

こういった工夫・方法を取れば、「塾なし・予備校なし」で医学部に合格する可能性もでてきます。



医学部受験合格は塾なし・予備校なしは、無理じゃないけど効率悪いという話

まとめますと、医学部受験において「塾なし・予備校なし」でも合格することは決して不可能ではありません。

ただし、特に医学部のような競争の激しい学部の場合、受験はいかに効率よく受験勉強をするか、が求められています。

医学部受験において「塾なし・予備校なし」ではやはり圧倒的に不利になってしまうのでうす。

一部の高校や中高一貫教育を導入している学校では、非常に充実した大学受験対策を提供してくれる場合があります。
そのため、どうしても「塾なし・予備校なし」で医学部受験に挑戦したい場合は、それらの学校も視野に入れるべきでしょう。

ただし、塾や予備校はたしかにお金がかかりますが、その費用を抑えた結果一年や二年間多めに浪人してしまうようでは元も子もないと個人的には思います。

基本的には、医学部受験で合格を目指すには、医学部受験に強い塾や予備校に通って、効率よく医学部に特化した受験勉強を行う方が良いでしょう。

医学部受験は自己責任で。

では。

あわせて読みたい

私立医学部に通うのに親の年収いくら必要なんだ!医者になりたい、金がない
医学部が勝ち組すぎなことに気づいたら40歳手前だった...orz
看護師と結婚した医者は負け組か?整理して考えてみた。


よろしければtwitterフォローお願います