出来る人ほど辞めると言うのは聞き飽きた


出来る人ほど辞めるんだよ、転職して行くんだよ、そんな話を聞くことがあります。
と、言うか若手の頃に先輩からしつこいほど聞かされました。
はっきり言って聞き飽きた。

そして、いまでは「出来る人ほど辞める」なんてものは、真実ではないと感じています。

本記事では、出来る人ほど辞めるということが本当かどうか、についてよく考えて整理していきます。





【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きません)

出来る人ほど辞めるのは半分だけ本当

出来る人ほど会社を辞める、というのは本当でしょうか。

私の感覚としては半分本当、のこり半分は嘘です。

確かに仕事ができる人が会社を辞めていく、そして転職先で活躍すると言う光景は見たことがあります。
一般的に、仕事ができる人は自らのキャリアについてもよく考えており、貪欲に新しい挑戦をするので転職していく、という考え方があります。
これはまー、正しいと思います。

でも一方で、昨今では転職市場も活性化しており、比較的簡単に転職ができる環境が整っていますよね。
はっきり言って仕事ができない人が、「転職すれば、新たな環境で能力を発揮できるのではないか」「おれはまだ本気出せてないだけ」と考えて、転職するケースもたくさん見てきました。
仕事ができる人ほど会社を辞める反面、仕事ができないほど会社を辞めるという事実もあるのです。

出来る人ほど辞めるんだよ、と偉そうに言う仕事出来ない人

会社の、それなりに優秀な人が辞めるたびに、「あいつは出来る人だから。出来る人ほど辞めるんだよ」と偉そうに言っている先輩がいました。

その先輩は人事の方でした。

おそらく、「できる人ほど辞める」ということに基づいて、辞めていった人のことをあいつは出来るやつだった、すなわち自分には見る目がある、みたいなことを言いたかったのでしょう。
当の本人は、お世辞にも仕事が出来る人ではなかったのですが、周りの後輩には自分が出来る人アピールをしたかったのでしょうね。

出来る人ほど辞めるんだよと偉そうに言っていた割に、その先輩は長年同じ会社に勤めていますが。

出来ない奴も辞めていく、転職ブームのおかげ

前述したように、転職市場が成熟したために「出来る人」だけではなく、いわゆる「出来ない人」も辞めていくという現象が見られます。

自分は本当は仕事が出来る人だ、自分の能力が100%活かされていない、と感じて新しい環境を求めて転職していく人達です。

もちろん、本当に環境が悪く能力を100%発揮できてなかった、というケースもあります。
しかし、転職ブームのおかげで、つい自分を過大評価して転職していく「出来ない人」というのも確実にいます。

転職元の会社としては、出来ない人が辞めて嬉しい限りですが、転職先としてはたまったものではありません。



出来る人ほど辞めたら印象に残る

出来る人ほど辞める、と言われている理由の一つに「出来る人ほど辞めると多くの社員の印象に残る」という要因があります。
あまり目立たない、出来ない人や普通の社員が辞めるよりも、部門のエース級の、注目を集めていた「出来る人」ほど辞めると噂も広まりますし、皆の注目も集まるということです。
転職先が一流企業だったりもするので、噂が広がります。





出来る人ほど辞めないことも結構ある

出来る人ほど辞める一方で、出来る人なのに辞めずに、長年同じ会社・同じ職場に留まる人も結構います。
専門職なんかだとこういう傾向が強いです。
出来る人ほど、転職することのメリットだけではなく、デメリットもよく考えるものです。
出来る人ほど、自らの専門性やスキルが、業界内でどれくらいの評価をうけるかよく分析、理解しています。

現在の職場でもっとキャリアを積むことができる、労働条件が業界内でもすでに良い水準にある、 と言った点を客観的に、冷静に判断し ているからです。

そのため、「出来る人ほど会社を辞めない」ということもあるのです。

では。






あわせて読みたい

会社の給料が安い!仕事辞める、退職理由になる?考えるポイント
仕事がつまらない辞めたいなんて普通。つまらない仕事は無理して楽しまない
仕事で評価されないと悔しいけどモチベーションを維持するしかない現実への対処法



よろしければtwitterフォローお願います