医学部受験をやめたい、つらい、受かる気がしない。厳しさを乗り越えるための思考


医者、医師になるためには医学部受験という高いハードルを超えなければなりません。

医学部志望の受験生のなかには、もう「医学部受験やめたい、つらい。」「いくら勉強しても受かる気がしない」と感じているひともいることでしょう。

しかし、あきらめてしまっては医者、医師になることはできません。

本記事では、そんな医学部受験を乗り越えるための思考について整理しています。

これを読んで、もう医学部受験やめたい、つらいと感じているひとのモチベーションにつながれば幸いです。




【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


医学部受験はつらい、やめたいと思うのは当たり前

医学部を目指しているけれど、なかなか成績が上がらない、何年も浪人していて「医学部受験がつらい、やめたい」と感じる。
そんな思考が浮かんできてしまうと、真面目なひとは自己嫌悪や自信を失ってしまうことがあります。
でも、はっきりいって気にすることありません。

医学部に限ったことではないですが、受験勉強はつらいものです、やめたくなります。
医師・医者になりたいと思って努力しているのに、高校の内容をひたすら勉強しないといけないんです。
「医学」の勉強が始められないんですよ。

モチベーションが下がったり、やめたいと思うのはごくごく自然のことですよ。

医学部受験に受かる気がしない、ってのはみんな思っていること

勉強しても、勉強しても「医学部受験で受かる気がしない」というのも悩みです。
でも医学部受験に限っては、おそらく実際に合格した人も含めて、みんな「受かる気がしない」と思っています。

それは、医学部入学の偏差値がかなり高く、志願者が多くて競争倍率が非常に高いため、わずかなミスで不合格となってしまうからです。

また、医学部の場合、大学ごとに行われる筆記試験(2次試験)がかなり難しくて且つ、ウエイトが大きいため一次試験(センター試験等)で高得点をとっても決して安心できない、という側面もあります。

いくら勉強して、それなりにいい点数を模試でとれても、決して安心などできないのです。
これはみんな思っていることです。

さらに言うと、医学部の場合、都心の大学だけでなく、地方の大学や私立大学の医学部の難易度も高止まりしているのです。

そのため、医学部受験においては、いわゆる「滑り止め」として受験する大学が少なく、機能しないのです。

医学部受験の厳しさは今後さらに増していく


ただでさえ「厳しい」医学部受験ですが、近年ではさらに難しくなっています。
今後もこの傾向は続くでしょう。

いくつかの理由はありますが、一つは入試形式の多様さです。

一部の大学ではAO入試などの枠を設けており、「普通に受験勉強を頑張った学生」の入学枠が減っているのです。

また、かつては、地方の大学の医学部は、比較的倍率が低かったり、偏差値が低くて入学しやすかったものです。

しかし、ここ最近では、地元に残り、地方の大学に進学するという「地方志向」のせいで、とくに地方の国公立大の医学部の入試難易度が上がってきています。

さらに、将来医師の需要が減少していくことに備え、2022年度以降、医学部の定員を削減する方針が医師会および厚生労働省の間で議論されています。



医学部受験の厳しさは乗り越える価値がある


医学部受験ははっきりいってとても厳しです。

しかし、ここで諦めるべきではありません。

医学部受験をやめたい、つらい、受かる気がしないと思っているのはあなただけではありません。

みんなそうです。

当たり前のごくごく自然なことなのです。

そんな医学部受験の厳しさを乗り越えてください。
乗り越える価値があるんです。

別記事でも書いていますが、医師・医者になるメリットは莫大です。
医学部が勝ち組すぎなことに気づいたら40歳手前だった...orz

医者・医師の年収は超高くて、生涯年収は5億円くらいになりますよ!
これは普通のサラリーマンの2倍以上です。
医者・医師の生涯年収平均を薬剤師(薬局・病院・ドラッグストア)と比較したら...

また、医学部女子は結構かわいい子がいたりもしますし、他学部からもモテモテだあ。
学生生活も楽しい(はず)です!
医学部女子、女医は美人が多いという噂を考察!
慶応医学部に行けばモテる、だから「非モテ」「未モテ」は死ぬほど勉強しよう 

浪人が気になる。
浪人したら結婚が遅れちゃう!

って心配してるひとがいるかもしれませんが、医学部受験では少しくらい浪人しても大丈夫、学生結婚すりゃいいんだよ!
医学部在学中の妊娠、出産や学生結婚って全然ありだな。ってかむしろ推奨すべき理由

はっきり言って医学部に行くと勝ち組すぎる人生なんです。

がんばれ!
あきらまめるな!

医学部受験はつらいけど、やめたいと思ってもやめちゃいかんぞ!(できるかぎりね)

「いやいや、でも無理ゲーっしょ。」って思う人はこちらの記事をどうぞ。
医学部無理ゲーっていう感覚は大事かもしれない

 では




あわせて読みたい

医学部受験多浪で末路が悲惨になるタイプ、ならないタイプ
私立医学部に通うのに親の年収いくら必要なんだ!医者になりたい、金がない
医者の年収は今後も高いまま?医師の給与に影響する要因を整理した

よろしければtwitterフォローお願います