薬剤師の彼女がいたら…自慢したいポイント5つ

薬剤師の女性はモテます。

ということは、薬剤師女性と付き合って彼女にしたい、結婚したいと考える男性が多いということでしょう(個人差はありますが)。

きっと薬剤師が彼女だったら自慢したくなりますね。

婚活でよくある「女性の結婚相手に求める仕事ランキング」では薬剤師は常に上位に入りますし。

それに、薬剤師の女性って美人が多いイメージです。
街の調剤薬局や病院には綺麗な薬剤師のお姉様たちがいますから、ドキドキしたりしたことがある人もいるでしょう。

本記事では、薬剤師が彼女だったら自慢できること、どんなポイントが自慢になるのかについて整理して解説していきます。



【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


薬剤師が彼女だったら周りに自慢できるか

憧れの女性薬剤師を彼女にしたい。
もし薬剤師を彼女にしたら周りに自慢できるでしょうか。

かなり偏った見方かもしれませんが、少なくとも「同じように薬剤師を彼女にしたい」と思っている男性に対しては自慢できるでしょう。

また、薬剤師女性=しっかりした女性、自立した頭のいい女性という印象もあります。
家族に「彼女」として薬剤師を紹介すると自慢になると思います。

当然、薬剤師に全く興味のない人や、女性薬剤師にトラウマのある人、「女性を職業で判断なんかしないよ!」という人達もいるでしょうが、少なくとも 無職で引きこもりニートの女性が彼女であるよりは、薬剤師が彼女であるほうが自慢しやすいことは確かです。

好きかどうか、そこに愛があるかどうかは別として。

薬剤師が彼女だったら自慢できる、自慢したいポイント5つ

では、具体的に彼女が薬剤師だったら、どんなポイントが自慢できるかを整理していきましょう。

薬剤師が「彼女」であった場合、その「彼女」の魅力、周囲に自慢できる、自慢したい主なポイントは以下の5つあたりでしょう。

  1. 薬剤師女性は 安定して収入が高く自立している
  2. 薬剤師女性は 賢くて常識がある
  3. 薬剤師女性は美人が多い
  4. 薬剤師女性は健康科学に関する専門知識がある
  5. 薬剤師女性は 裕福な家庭の出身者が多い
これら自慢できる、自慢したいポイント5つについて一つずつみていきますね。

薬剤師が彼女だったら、収入が多く、自立している点が自慢

薬剤師の女性はの年収は、日本人女性のの平均的年収を大きく上回る報酬を得ています。

そのため、経済的に自立した女性たちです。
また、生活基盤である経済面がしっかりすると、精神的にも影響します。

そのため、経済的にも精神的にも、おちついた、しっかりとした考えを持った女性が多いのです。

学生の頃ならまだしも、大人になってできた彼女が、自立していない、経済的・精神的に依存的だと結構きついものがあります。

こっちだって大変だよ、みたいな。
薬剤師女性のようにしっかりした人が彼女であった場合、この点の心配はありませんよね。
万が一の時には、こっちが支えられてしまうかもしれません。

自立して、いざとなったら頼りがいのある薬剤師の彼女。
これは、安心して周囲に自慢できるポイントでしょう。

賢くて常識のある薬剤師女性を彼女として自慢したい

女性の価値が頭の良さできまる言いませんが、大人になって、年相応の知性を感じない女性や非常識な行動や発言ばかりする女性だと、心配になります。

周りに自慢することはできませんし、なんなら隠したくなりますよね。
たとえ、外見が良くても、最低限の賢さと常識はやはり必要です。

薬剤師女性が彼女だった場合、その点の心配は少ないです。
なぜなら、「薬剤師」である時点で、6年制の高等な大学教育を経て、薬剤師国家試験に合格するだけの賢さを確実に有しているからです。

当然、最低限の常識は身につけていますし、日々患者さんと接する仕事をしているので言葉遣いや、よく考えずに不用意な発言をするようなことはありません。

薬剤師なら、親しい友人や会社の同僚に見せても自慢したい彼女であることは間違いないでしょう。



薬剤師女性は美人が多い。彼女にしたら自慢できる可能性大

女性は外見で価値が決まるわけではありません。
しかし、男性は美人が好きなものです。

理由は、別記事で書いていますが、薬剤師女性は比較的美人な人が多いのが特徴です。
薬剤師は美人、かわいい女性が多いのにはちゃんと理由があります
薬剤師女性が彼女で、かつ、美人であれば、周囲の男性に対しては確実に自慢できますよ。
また、これは私の経験上のものですが、薬剤師女性側は美人な割に、男性を外見で選びません。

おそらく賢い人が多いので、人間の価値は外見だけで決まるわけではない、ということをよく理解しているのでしょう。

そのため、ものすごく綺麗な薬剤師女性が、そうでもない男性と付き合っているケースをいくつも見たことがあります。
誠実さや、頼りがいがあるかどうか、価値観が合うかといった面を重視している女性が非常に多いです。

だから、容姿の優れていない男性でも、美人薬剤師女性を彼女にして、周囲に自慢するチャンスが有るのです。

薬剤師は健康科学に関する知識が豊富で彼女にすると自慢できる

薬剤師が大学で学ぶのは、薬に関することだけではありません。
生命科学や健康科学など一般生活でも役立つ知識を幅広く学びます。

そのため、薬剤師は食事や運動など、健康面に関する意識も高いです。

そんな薬剤師女性が彼女だったら、あなたの健康面にも気を遣ってくれることでしょう。

そんな彼女だったら、みんなに自慢できますよね。

裕福な家庭出身の薬剤師が彼女だったら、自慢できるかもしれない

薬剤師になった女性は比較的裕福な家庭の出身者が多いです。
全員ではありませんが、時々驚くほどお金持ちの方がいます。

少なくとも日本人の平均以上、中流以上の家庭の出身の女性薬剤師が普通にごろごろしています。

もちろん、お金目当てで女性を選ぶことを推奨しているわけではありません。

でも、そうはいっても、彼女の実家が裕福だと心の中では自慢したくなりますよね。

将来結婚した時に、逆玉の輿?とか考えてしまうかもしれません。
少なくとも、結婚後にもし自分に何かがあったとしても、妻や家族が路頭に迷わないというのは安心できる点です。



薬剤師の彼女がいたら…自慢したいポイント5つ :まとめ

もし薬剤師の彼女がいたら、自慢できる、自慢したいポイントについて簡単に整理しました。

薬剤師女性は、経済面、精神面、外見、健康面等、彼女にしたら嬉しい、自慢できるポイントが豊富です。

薬剤師女性はモテる、人気なのもうなずけます。

ただし、「薬剤師女性が彼女だったら自慢したい」からと、そこに固執しすぎるべきではありません。
なぜなら、薬剤師という仕事は割と身近な一方で、世の中の絶対数としてはかなりの少数派です。
そんなに、簡単に出会えて、彼女にするまで持っていけません。
人生の中で一度ぐらい薬剤師と付き合えたらラッキー、ぐらいな気持ちでいたらいいと思います。

また、薬剤師女性はモテるので、当然ライバルもたくさんいます。
美人薬剤師となればなおさらです。

「薬剤師狙い」は、恋愛市場ではちょっとリスキーです。

どうしても薬剤師と出会いたい、薬剤師と付き合いたい、薬剤師を彼女にしたいと考えている人は、製薬業界や病院関係の仕事に就くと出会いのチャンスが増えるかもしれません。

MRとかチャンスがありそうですし、同僚が薬学部出身だったりしますから。

あと、まだ若い人なら、大学の薬学部に行きましょう。
薬剤師(のたまご)と出会うならそれが一番です。

では。

あわせて読みたい

MRと薬剤師の恋愛ってあるの?うまくいく?
薬学部の恋愛事情:学部内恋愛のメリットとデメリット
薬学部男子は恋愛弱者?傾向と対策


よろしければtwitterフォローお願います