薬剤師女性は結婚相手としてモテる、高収入だから最高ってイメージ嫌じゃないの?

結婚相手として、女性薬剤師は理想的だという話を、結婚相談所の方からよく聞きます。
女性薬剤師はモテるというのです。

それが薬剤師女性のイメージなんですね。

「女性薬剤師を理想的な結婚相手としている男性が多い」といえば、ポジティブな響きですし、「私って婚活市場で価値あるのかしら」なんて悩んでいる、婚活中の女性薬剤師によっては心強い言葉に聞こえることもあるでしょうね。

「あなたモテるよ」って言われて、単純にいい気分になることもできます。

でも、その理由は「薬剤師は女性の職業の中でも、比較的高年収で安定しているから」だそうです。

ムムム。

これを聞いて逆に結婚する気なくなる女性薬剤師がいるんじゃないかと思います。

「お金目当て」で結婚する女性が選ばれているのか??だから女性薬剤師はモテると。
こう考えてしまうと、薬剤師女性のイメージは必ずしもいいわけではないのかも。

なんかもやもやしてきたので、今回、記事にして整理しています。

それは違うだろ!とかそうだそうだ!とか意見もあると思いますどうぞよろしくお願いいたします。


結婚相手としての女性薬剤師のイメージ、メリット

そもそも薬剤師という職業はそれ自体とても多くのメリットがあります。

まず、薬剤師の国家資格(薬剤師免許)は日本中どこでも使用することができ、全国の病院、調剤薬局、ドラッグストア等に勤務することができます。

2019年現在、コンビニと同じくらいの数の調剤薬局が日本には存在します。

また、薬剤師が過剰、薬剤師は飽和すると長年言われていますが、いまだに人手は不足しています。

薬剤師は、勤務地を選ばず、どこでも職場を見つけることができるのです。
雇用形態も正社員だけではなく、パート薬剤師として勤務でき、時給3000円なんていう条件もざらです。

勤務地、働き方ともにかなり自由度が高いのです。

正社員であれば、経験にもよりますが薬剤師は年収400万円~800万円くらい稼ぐことができます。
これは一般的な女性の年収よりもはるかに高いです。
このご時世、下手をすれば男性の年収をはるかに超えてきます。

そのため、男性側から見たとき、女性薬剤師を結婚相手にすれば、共働きで家計を支えてくれるという経済的に大きなメリットがあるのです。
出産後もすぐに復帰してパートで働いてくれれば、家計が潤うと考えるでしょう。

男性側にとっては都合のいい話ですね。



「稼いでくれる女性=女性薬剤師を結婚相手にしたい」は今時アリなのか

一般的に、女性側は結婚相手(男性)にある程度の経済力を求めますし、これは一般的に受け入れられています。

私は男ですが、もし「あなたが稼いでくれるから結婚したい」という女性がいても、まーそういう人もいるかなって思います。

ただ、正直あまりいい気はしません。

結婚したら私の稼いだお金使ってくれるのは構わないですよ。
でも、「あーこの人は他力本願で、自分は努力や我慢をしない人なのかな」って思ってしまいます。
そういう人は、自分の力で問題を解決して、道を切り開いてきたひとじゃないんでしょう。
女性薬剤師を結婚相手にしたいと思って寄ってくる男性に対して、こういう風に感じることってないんでしょうか。




女性薬剤師はモテる。年収以外のイメージもポイント

年収とか、仕事の安定性・自由を抜きにしたら女性薬剤ってモテるんでしょうか?

当然、容姿や性格は人によって異なりますが、「女性薬剤師はモテる」が答えです。
理由は、ざっくりと以下の感じ。

  • 薬剤師という職業の知的なイメージを好む男性がたくさんいる
  • 白衣で仕事をしているので、男性に清潔な印象を与えることができる
  • 高校卒業後に、薬学部に進学するなど、基本的な将来設計ができるタイプの人が多い
  • 薬剤師国家試験に合格しているので事実、世の中の平均よりも賢くて、大人同士の落ち着いた会話ができる人が多い
  • 仕事で嫌でも患者を会話をしているので、コミュ障のひとは少ない(または克服済みである)
  • 比較的仕事がホワイトなので、デート等の時間を確保できる
  • 年収がある程度あるため、身だしなみやおしゃれに投資が十分できているひとが多い

モテモテで、彼氏を選び放題なんてことはないかもしれませんが、普通に結婚願望や、恋人がほしいと思って行動を起こせば、簡単に相手が見つかるレベルです。

モテる女性薬剤師の結婚相手が「お金目当て」の男?

上記のように、女性薬剤師は十分モテる人が多いです!

確かに年収が高く、安定していて、「家計を支えてくれるパートナー」が欲しい男性も多い時代ですが、何もあえてそんな男性を結婚相手にすることもないのに…って思ったりします。

女性薬剤師は、金銭的にメリットがあるから結婚相手にしたい男性が多いんです、なんて言われたら、むしろ結婚する気なくなるんじゃないかなー。

あー、私に寄ってくるの、「お金」目当ての男ばっかりかよ…って。

あと、自分の娘が、もし将来薬剤師になって、年収目当てで寄ってきた男と結婚したら嫌だなー、なんて考えてしまいます。

これって時代遅れの感覚なのかなー。

では。



あわせて読みたい

医者・医師の生涯年収平均を薬剤師(薬局・病院・ドラッグストア)と比較したら...
新人薬剤師が「使えない」:先輩薬剤師が考えるポイント
薬学部男子は恋愛弱者?傾向と対策

よろしければtwitterフォローお願います