MR顔採用に文句あるやつちょっと来い【面接官として参加した結果】

製薬業界にとどまらず新卒・転職市場でトップレベルの人気を誇るMR(Medical Representative)という職種があります。
簡単に言うと製薬会社の営業職ですが、高収入といわれる製薬業界のなかでも、さらに高収入とされる職種です。

MRの給料が高い「本当の」理由。まともな理由があるならMR削減時代なんて来てない

このMRについて、長らく「MRは顔採用」があるという噂があります。

  • いまどき顔や容姿、外見で採用を判断するなんて。
  • MRの顔採用なんて都市伝説みたい。
  • いやいや、美人美男子とっしょじゃないと仕事したくないでしょ。

なんていろんな意見、憶測が飛びますが、かつて私が研究開発職として勤務してた某製薬企業にて、1次面接の面接官として新卒採用に参加した経験からの感想を、本記事にさせていただいています。

結論として「MRの顔採用」は存在します!

これから製薬企業で活躍したいと思って就職(転職)活動されている人の参考になればと思います。







【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きません)

MR(Medical Representative)の仕事

メインテーマである「MRは顔採用があるのか?」ということについて語るには、MRの仕事内容を簡単に理解する必要があります。

医療用医薬品とはだれでも売っていいものではありません。
日本ではどの医薬品をどれくらい、どの患者に使用していいかを決定するのは医師です。
医師の処方に基づいて、患者が使用します。

そのため、医療用医薬品は、普通の商品と異なり、販売者(製薬企業)が顧客(患者)に対して直接コンタクトして、営業・販売を行うことができません。
一般の患者向けのCMや広告を出すことも法律で禁止されています。

よって、製薬企業の営業(MR)は自社製品を医師に対して宣伝する必要があります。
日中忙しい医師に対し、早朝または夜間の診療時間外に、面談を申しいれ、

  • 自社の製品がいかに優れているか
  • 製品に問題や疑問があったときに、担当MRがいかに誠実、迅速に医師をサポートするか
  • 製品に対し医師と同じレベルで科学的な議論ができること
を証明、説明していきます。


MRの容姿の優れていれば医師に気に入られる

医師というのはとても忙しく頭がいいです。
それに、中にはとてもプライドが高かったり、勉強ばかりしてきたせいかコミュニケーションを苦手とする人もいます。

そもそも、診療時間外の時間に医師に時間をとってもらうのも難しいです。
そのためMRには、医学的・科学的な知識が必要ですし、忙しい少ない面談チャンスの中で好印象を与える必要があります。

MRの女の子はかわいい。その理由を考えた。

医師の世界は、中年以上の年配層であれば、まだまだ男性が多い男社会です。
下心のあるスケベな男性医師もいるでしょう。

こういった背景から、少しでも医師に気に入ってもらうために、製薬企業が容姿の優れた人間を優先的にMRとして採用する(=MRは顔採)という噂が存在しています。

女性MRであれば枕営業があるの?なんて不安に思うような話も聞きますよね。

能力が同じなら、容姿が優れているほうが、周りからの印象がいいだろうというのはMRの採用に限ったことではありません。

実際現役で勤務されているMRの方を見ると、すべてではありませんが容姿の優れた美男美女が多いように感じます。

MRの採用面接に参加させてもらったぞ

某製薬企業にて、研究開発職の管理職代表としてMRの採用面接に参加させてもらったことがあります。
私が参加したグループは主に薬学、理学、工学部系の学部または修士卒の学生が中心でした。





前述のように、MRはある程度の科学的な知識が要求される職種ですので、理系の学生については卒業研究テーマについて簡単に説明してもらい、ごく簡単に質疑応答をして理解度を確認することとなっています。

その担当です。
顔採用の、外見チェック要因ではありませんwww

3次面接まである選考の1次面接だったので、同席したは人事の男性の採用担当者(人事部長とかではない)2名だったので、和やかな雰囲気での面接でした。
私の記憶によると下記の要領で面談を行いまいした。

  • 1つ6~7人のグループを30分ほどで面談
  • 1日で5~6グループを面談
  • グループとグループの間で、面接官の間で簡単に志願者の印象を確認する時間あり
  • 2次への合格率は50%くらい

志願者が多いと、顔でMRを採用してしまう

「MRは顔採用か」という点ですが、書類選考を経た1次面接に来ている志願者を見ると、

確かに、ある程度顔で選考しているの?と思えるくらいちょっとレベルの高いメンバーでした。
とはいえ、そうでない人もいましたが。

結論としては、「MRは顔採用」の側面があります。

しかし、単純に「医師の接待要因としてかわいい女の子やイケメン男子を揃えたらいいだろう」ということではありませんでした。

MRが通常の職種と異なる点として「高収入のため人気が高い」「募集枠が大きい」「理系の経験を活かした営業職」といったことがあります。

そのため、人気企業では理系、文系問わずとても多くの志願者が殺到します。
営業職でこんなに理系の学生が志望する職種ってほかにないんじゃないでしょうか。

MRに限らず、集団面接では印象をいかに残すかが大事といわれています。
志願者が多ければなおさらです。
これが、MRの顔採用につながる要因です。

MRは顔採用のメカニズム

採用担当者は複数の面接で、多くの志願者をこなさなければならないため、下記の流れで2次選考に進む人を選ぶことになります。
  1. 上位15%くらいの超好印象者を合格にする
  2. 下位20%くらいの悪印象者を不合格にする
  3. 残り65%くらいについて、印象にのこっている人を思い出いしながら議論して残りの合格者を選ぶ
1では容姿問わず優れた学生が合格します。
2もしかり。
3の過程ではどうしても「そういえば、あの人良かったね」という、ポジティブな感じで記憶とメモに基づいて選考をしていきます。

「あの人悪かったね」という方向にはあまり行きません。
別に学生の悪口をいって消去法で選考なんかしたくないでしょう。

ここで、すべての次志願者について、一人一人話をすることはありません。
そのため、話題そのものに上がらなければ合格しません。

はっきり言って、企業としては1の学生に期待しています。
1の学生をしっかり2次に挙げれば、人事担当者は上司には怒られません。

3で選考するメンバーは数合わせ、どれをとっても同じと思ってますから(2次以降で化ける可能性があるようですが)。

人は見た目の印象が非常に大切といわれています。
容姿のいい学生のほうが3のところで話題そのものに上がりやすかったと思います。

このメカニズムで(少なくとも1次では)「MRは顔採用」という結果がもたらされます。

明確に意図して顔採用しているわけじゃない

面接官が意図して、意図せず関係なく「MRは顔採用」となってしまうということです。
とはいえ100%顔採用ではありませんし、何も(男女問わず)医師に対して枕営業させようとかいう明確な目的があるわけではありません。

女性MRに枕営業してもらえるとおもっている医者ってまだいるの?

しかし、少なくとも大量の志願者を裁かなければならない1次面接では、「MRは顔採用」が当てはまります(2次、3次でどうなるかわかりませんが)。

MRの顔採用について文句があるやつちょっと来い

MRは顔採用だ!なんていうと「一生懸命勉強しているのに外見で判断されるなんて悔しい」と感じる学生もいるはずです。

でも、選考中に、本当に企業が期待した学生については、容姿にかかわらず選考されていると思います。

しっかりした知識や、志望動機、少ない時間で好印象をあたえるコミュニケーションスキルをもっていれば、前項の1のところで真っ先に合格できるからです。

「MRは顔採用だ」と文句を言っているひとは、3のグループの学生でしょう。

合格した人も、後々化ける可能性はありますが、すくなくとも選考時点では、おこぼれで合格なった補欠です。
不合格となった人も、補欠選考で落とされたからといって「MRの顔採用反対」なんて言わないでほしい。





MRの顔採用に研究開発の立場からいわせてもらう

研究開発の分野にいる人間として感じることとして、正直「MRが顔採用かどうか」なんてどうでもいいです。

我々が一生懸命努力して、患者に届けたいと思った製品を、しっかり医師を通して患者に届けてくれる営業担当者に感謝もしてるし、尊敬もしています。

そのためにMRの外見がもっとも重要なら、どんどん顔採用してももらって構いません。
研究開発者の思いを理解して、共感して日々業務に励んでいただける方ならなおうれしいです。

患者にしてみれば、本当にいい医薬品は、なんとか自分たちのところまで届くことが何よりも大切です。
社会もそれも望んでいますし、それが製薬企業の使命です。
病に苦しんでいる人にとっては、「医薬品が自分のところに届く、その過程でなにが行われていいるか」なんてどうでもいいことですよ。

あの会社は「MRを顔採用している」なんて文句、不満を言っている学生は、製薬企業の使命、MRという仕事の使命を理解していないのだと思います。

これから、MRに限らず、製薬企業での活躍を希望する学生(または転職志願者)の参考になれば幸いです。

では。

あわせて読みたい

薬学部・薬剤師のコスパ:薬剤師になりたい?薬学部の就職先と年収を整理した。
後発医薬品促進の功罪:将来世代に引き継がれるかもしれない恐ろしい、"懸念材料"3つ
がん保険の必要性を考える:費用対効果が高いのは?
会社の給料が安い!仕事辞める、退職理由になる?考えるポイント

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1巻


コメント