プロテイン代わりの飲み物、コスパ最強が決定。女性にもおすすめ

プロテインはまずい。
プロテインは飲みにくい。
プロテインを飲むのが面倒くさい。

でもプロテインは飲まなければならない。
日常的に筋トレしてるし、いつかはマッチョにあこがれています。

もっと手軽で簡単にプロテインを取りたいな。

そこでわたしはついに見つけました。
コスパ最強のプロテイン代わりの飲み物。

本記事では、粉タイプのプロテインに不満を抱えている人たちにお勧めする「プロテイン代わりの飲み物」について紹介しています。

Amazonで買えるし、コスパもいいし、怪しくもありません。
これぞ最強の名にふさわしい、「プロテイン代わりの飲み物」です。



【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


プロテイン(タンパク質)は筋トレーニーには必須

日常的に筋トレや運動をしていて、筋肉の成長のために食事に気をつけている人も多いかと思います。

せっかく運動した努力を、体の成長につなげるためには、きちんと栄養を摂ることが大切ですからね。

特に筋肉を成長させるためには、「プロテイン=たんぱく質」が欠かせません。
炭水化物や脂質いくら摂取しても、決して筋肉にはなりませんからね。
脂肪にはなりますが。

そのために、出来るだけ意識してタンパク質を食事から摂取するようにすることが必要です。

ハードな筋トレを日常的にしている人で、一日当たり体重×2gのタンパク質が必要と言われています。
体重60kgの場合、1日に120gのタンパク質が必要というわけです。

しかし、この量のたんぱく質を食事から摂取することはとても難しいです。

ただやみくもにたくさんご飯を食べてもいいですが、その方法でタンパク質を摂取したとしても、脂質や炭水化物も摂りすぎになってしまいます。
筋肉はついているけど、太っている・・・となってしまいますね。

毎日、三食、鳥のささみを食べることができれば別ですが、多くの場合1日に体重×2gのタンパク質を摂取するためには、プロテインのようなサプリメントを摂取したほうが効率的だし、コストも安いです。

プロテイン(粉)の問題点

普通に「プロテイン」という場合、粉末タイプの白い粉のプロテインのことです。
スプーンで粉をすくって、プロテインシェイカーに入れ、水や牛乳に溶かして飲む、あれです。

脂質や糖質の摂取量を極力減らし、効率よく低コストでタンパク質を摂取するには最適なのです。
でも、いくつか問題があります。

一つ目の問題はプロテインの味です。
最近のプロテインは昔と比べて味が改良されて、飲みやすくなったと言われています。
だけど、それでもごくごくと美味しく飲めるものは少ないです。

二つ目の問題として、プロテインは携帯しにくいです。
プロテインを水や牛乳に溶かした状態だと、すぐに腐ってしまうので一日中持ち歩いて外出することはできません。

粉のまま持ち歩いて、出先で必要な時に溶かして飲むという方法が現実的ですが、出先で水が手に入らなかったり、飲んだ後の容器をどう処理するかという問題が出てきます。

また別記事でも書いていますが、プロテインシェイカーを使って、粉のプロテインを溶かして飲んでいるところを人に見られるとちょっと恥ずかしいです。

プロテインを飲んでることがばれるとなんか恥ずかしいので対策を考えた

三つ目の問題は、粉タイプのプロテインは、そもそも溶かして飲むのが面倒くさいということです。
日常的に筋トレをして、プロテインをすでに飲んでいる人はわかると思いますが、ジムでトレーニングをした後、直ちにとプロテインを摂取したいものです。

それが筋肉の成長にいいからです。

トレーニングからタンパク質の摂取まであまり時間が空くと、トレーニングの効果が十分に得られないと言われていますからね。

そのためジムでトレーニングした後、家に帰ってプロテインシェイカーを取り出し、粉を入れて溶かして飲む、というタイムラグがもどかしく感じてしまいます。

また、単純にトレーニングの後の疲れた状態では、プロテインを溶かす行為がめんどくさいというのもあります。



粉タイプのプロテイン代わりの飲み物:プロテインドリンクと物が世の中にはある


上記のような、「粉タイプのプロテイン」の問題を解決するために、世の中にはあらかじめプロテインが溶かし込まれた、プロテインドリンクというものがあります。

粉タイプのプロテイン代わりの飲み物ですね。

これまで市場に出回っていたものは、例えば「DNS プロテインドリンク Pro-X(プロエックス)」とか。


私も飲んだことがあります。
プロテインの問題の一つであった、味についても改良がされ、とても飲みやすいのですが、実は大きな問題があります。

それはコストの高さです。

通常粉タイプのプロテインであればメーカーにもよりますが、タンパク質1gあたりの価格は1~4円程度です。

一方で、プロテインドリンクは1gあたりの価格は10円を超えており、かなり割高です。

また、一本あたりのタンパク質量が30gくらいで、女性や、ちょっと運動しているひとのは多すぎます。

ゴリゴリのマッチョなら大丈夫ですが。

コスパ最強、一般人向けコスパ最強、「プロテイン代わりの飲み物」はこれ一択!

上述のような理由があって、私もあまり積極的にプロテイン代わりの飲み物(プロテインドリンク)を利用していませんでした。

代わりに、比較的タンパク質含量の多い豆乳や牛乳を飲むこともできますが、脂質や炭水化物を多く含んでいるため、どうしても脂肪の増加が気になるところです。

最近それらの問題を解決した、コスパ最強のプロテイン代わりの飲み物を発見しました。

私がオススメするプロテイン代わりの飲み物は、「SAVAS(ザバス)のミルクプロテイン」シリーズです。

このプロテインドリンクのいいところは、なんといってもコストの安さ!

一本あたりのプロテイン含有量が15Gであるにも関わらず、amazonで箱買い購入すれば一本あたり100円程度で手に入るんです!



プロテイン1グラムあたりの価格が7円を切っているなんて、すばらしいでしょう!

プロテイン量が一本あたり15グラムという点も、小柄な人や女性、細マッチョにとってもちょうどいいかと思います。

200ミリリットルのパックに入っていて、ぱっと見プロテインという印象を受けません!
だから、携帯しやすいし、人目を気にせず飲めるというのも大事なポイントですね。

また、乳飲料プロテイン飲料であるにも関わらず「 常温保存が可能」であることが、個人的にはとても嬉しいです!

安く購入するために箱買いした場合、冷蔵保存だと置き場所に困りますからね。



SAVAS(ザバス)ミルクプロテインを飲んだ感想

プロテイン代わりの飲み物として、最強のザバスミルクプロテインですが、現在、何種類かの味がラインナップされています。

2019年11月現在で、6種類です。
全種類を飲んでみましたが、私のお気に入りはミルクココア味とバナナ味でです。


個人的にミルク風味は、人工甘味料っぽい後味が気になりました。
勝手に星で五段階評価しています!

ミルク風味★★☆☆☆
ココア風味★★★★★
バニラ風味★★★☆☆
バナナ風味★★★★☆
ベリー風味(タンパク質は12.5g)★★★☆☆
マンゴー風味(タンパク質は12.5g)★★★☆☆

どれも甘いものが苦手でなければ、飲みやすくて後味もすっきりしているのが特徴です。

一本あたりの価格もそれほど高くないですし、スーパーでバラ売りをしているので気軽にいろんな味を試してみて、自分の好みのものを見つけると良いでしょう。

プロテイン代わりの飲み物、SAVAS(ザバス)ミルクプロテインの飲み方

私の場合、週に2~3回の頻度で筋肉トレーニングをしています。
自宅がジムが家のすぐそばにあるので、トレーニング直後は家に帰って粉タイプのプロテインを水に溶かして飲んでいます。

問題は、トレーニングの翌日に、オフィスでプロテインが欲しいときにどうするか、です。
筋肉トレーニングをした翌日は一日中筋肉痛になっているため、多めにタンパク質を途切れずに摂取したいところですからね。

とはいえ日中のオフィスでプロテインの粉タイプを溶かしてごくごく飲むというのは躊躇されますし誰かに見られるとちょっと恥ずかしい。

SAVASのミルクプロテインはこれを解決してくれました。
こいつなら、人目を気にせずに、ごくごく飲めるのです。

最近では、プロテイン代わりの飲み物として週に3回(3本)ほどのんでいます。
トレーニングをした翌日のお昼頃に一本飲むだけですので、コストとしては週2に300円、1ヶ月に1000円ちょっとの出費で済みます。

便利で、気軽に、人目を気にせず、プロテインが摂取できる、コスパ最強の「プロテイン代わりの飲み物」としてSAVAS(ザバス)ミルクプロテインはお勧めのアイテムです!

え?ミルク「プロテイン」だから、プロテイン代わりの飲み物じゃないって?
ほんとだー。
あちゃー。

では。



あわせて読みたい

スクワットの筋肉痛が歩けないほど辛い!痛いのは太股ですか?確認するべきポイント
筋肉痛を早く治す!ふくらはぎが痛くて歩けないときにやったこと
アビレックスTシャツを筋肉で着こなす!【レビュー有】マッチョへの道はまだ遠い!?

その他の投稿記事一覧はこちら

よろしければtwitterフォローお願います