ドラッグストア志望動機(バイト、未経験、登録販売者、主婦、新卒薬剤師)例文とポイント

ドラッグストアってここ20年くらいでドカンと増えました。

都会でも田舎でもたくさんあるので、便利だし、バイトや主婦のパート先としても近くて便利です。

結構いい給料くれるから、登録販売者や、新卒薬剤師の就職先としても魅力的ですよね。

でも、いざドラッグストアの採用に応募しようと思ったときに履歴書の「志望動機」の欄に何を書けばいいか迷います。

家の近くだから?
仕事が私にもできそうだから?

そんなことは、公式な志望動機としてはイマイチです。

かといってドラッグストアにふさわしく、薬や医療、健康のことを書こうとしても、それなりに知識が必要です。

普通のバイトや主婦のパートで、そこまでの志望動機は求められていませんし、未経験だと内情もわからなくて当然です。

本記事では、ドラッグストアの「志望動機」について、書く時のポイントを書いています。

バイト、未経験、登録販売者、主婦、新卒薬剤師など、ケース別の例も載せていますので参考になれば幸いです。







【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きません)

ドラッグストア志望動機の基本:全タイプ共通

志望動機欄をきちんと埋める

当たり前ですが、志望動機は採用担当者が読みますし、面接の際に必ず突っ込まれるところです。

最低限、履歴書の志望動機の欄は埋めましょう。

「~だから」という短文で終わらないようにします。

「本当の」志望動機でなくていい

履歴書に各志望動機は本心である必要は必ずしもありません。

「履歴書の志望動機に書くべき内容」というものと常識として知っているひとかどうか?を確認する意味もあります。

そもそも働く動機は「お金が欲しい」ですよね。
でもそれを堂々と履歴書に書くようなひとは、常識人ではないと判断されてしまいます。


仕事をする意欲が感じられる志望動機にする

志望動機は、採用後に働く動機、モチベーションに直結することです。

これなら一生懸命に働いてくれそうだ、と感じられる内容にしましょう。

たまたま近所にあったから、とか仕事が楽そうだから、なんて理由だと仕事をするモチベーションを疑ってしまいます。

ポジティブな表現をする

志望動機がネガティブな理由だと、人格もネガティブな人だと思われてしまいます。

自分にできそうなのはこれくらいしかないから、とか他で不採用になったからという志望動機を履歴書に書いている人とは楽しく仕事ができる自信はありません。

ドラッグストア志望動機(バイト、未経験、主婦パート)のポイント

アルバイトや主婦のパートで、特別な資格職(登録販売者や薬剤師)でない場合、メインの仕事は接客やレジ打ちです。

特に医療や薬のことを各必要はありませんし、逆に印象が悪くなってしまいます。

書くべきポイントは、接客業に対するポジティブな姿勢です。

ドラッグストア以外に接客業や販売業の経験があれば、そのことを記載してもOKです。

また、近所の他のドラッグストアやスーパーではなく、あえてそのドラッグストアを選んだ理由を志望動機に加えるといいでしょう。

ドラッグストア志望動機(バイト、未経験、主婦パート)例

もともと友人や親類の世話をしたり、人と接することが好きな性格です。
そのため、もともと接客業での仕事には興味があります。
ドラッグストアでは、医薬品だけではなく、日用雑貨や食品など幅広い商品を扱っているため、幅広い、たくさんのお客さんと触れ合うことができると感じています。
私自身も、この店舗を利用させていただいたことがありますが、店員の方に親切に対応いただいてとても雰囲気の良い職場だと思っています。
また、私は以前○○で接客業をした経験があります。
当時、お客さんとのふれあいや仕事が楽しくをとても充実していました。
御社なら、当時の経験を活かし、私自身もはつらつと働けると考えて、志望いたしました。




ドラッグストア志望動機(販売登録者)のポイント

登録販売者の場合、ドラッグストアの採用に応募するのは当然です。

書くべきポイントは、販売登録者としての社会的役割に対する理解とポジティブな考えかたです。

なぜ、販売踏力者の資格を取得したのかにも少しふれるといいでしょう。

また、ドラッグストアで必要な雑務、雑用も積極的にこなす姿勢をほのめかすと印象がいいですよね。


ドラッグストア志望動機(販売登録者)例

もともと私は医療や医薬品に興味があり、いつかチャンスがあれば医薬品に関わる仕事をしたいと考えていました。
近年、ドラッグストアや薬局での登録販売者の需要が高まっていると知り、私でも資格をとれば地域に貢献できると考え、○○年前に登録販売者資格を取得しました。
また、ドラッグストアでは、接客や商品管理などの業務もたくさんあると聞いています。
登録販売者として働きながら、そういった業務にも携わり、接客業、販売業の従事者としての経験も積んでいきたいと思っています。
私はこの店舗の近くに住んでいますが、地域の人達の生活に欠かせないとても重要な場所だと思います。
ぜひ、御社のスタッフの一員として、私自身もこの地域に貢献したいと考え応募いたしました。





ドラッグストア志望動機(新卒薬剤師)のポイント

薬剤師、特に新卒の場合、ドラッグストアで働くことは数ある選択肢の一つでしかありません。

調剤薬局、病院薬剤師、製薬企業MRや研究職などの中から、「なぜドラッグストアなの」は、採用担当者が最も興味を持っていることの一つです。

これをきちんと説明しましょう。

実務実習で病院薬剤師や、薬局薬剤師を経験していると思いますので、そこで感じたギャップや、ドラッグストアにしかない魅力は何か?と考えてみてください。

例え事実でも、「本当は別の職種が良かったけど、全部不採用だったから…」と書いてはいけません。

ドラッグストア志望動機(新卒薬剤師)例

私は、誰かの役に立ちたいと考え、医療にかかわる仕事をするために薬学部に進学しました。
大学で勉強し、薬剤師資格取得を目指す中で、「自分はどういった形で医薬品の利用者に関わりたいか」と考えています。
5年生のときに病院や調剤薬局で実務実習を経て、医薬品の提供を通して患者さんに貢献することに大きなやりがいと喜びましたを感じました。
一方で、病院や調剤薬局で関わるのは、いわゆる病気を抱えた患者さんばかりです。
それも、カウンター越しに話すことがどうしても多くなってしまいます。
実務実習を通して、もっと広く「医薬品の利用者」と「近い距離」で関わることができる仕事はないものかと考えるようになったのです。
もともと、私がいろんなタイプの人と関わることが好きな性格であることも関係がある思います。
ドラッグストアでは、病気の患者さんだけでなく、日常の小さな体調の変化や健康を気にしたお客さんに出会うこともできます。
店頭に出て、地域の人と近い距離で接することもできます。
ぜひ、そんは働き方を、御社で実現したいと考え志望いたしました。

あわせて読みたい

薬剤師偉そう、性格悪いとかバッシングしないで。結構いい奴らだよ。
調剤薬局事務でミスばかりしてる?これでも読んで元気出してよ
調剤薬局事務のつらいポイント:こんな薬局もう嫌だorz
薬剤師になるには高卒では無理:ユーキャンでとれる薬剤師に近い資格
アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 2 (ゼノンコミックス) [ 荒井ママレ ]
by カエレバ



コメント