仕事は適当で。クビなんて滅多にない


はっきりいいます、仕事は適当でいいんです

もし、「仕事を適当にやってたらいつかクビになっちゃうんじゃないか」そんな風に思っている人。

それば間違いです。

普通の会社では、 仕事が適当なぐらいで、クビになんてなりません。

世の中の大抵の人は、仕事は適当にやっています。
「仕事が適当だから」という理由でクビにしていたら、会社はやっていけません。

本記事では、ついつい仕事を「くそ真面目に」やってしまいがちな人のために、「仕事は適当でいい、クビになんかならない」ということを説明しています。

クビを恐れてくそ真面目にやっていた所で、クビになる時にはクビになるし、クビにならない奴は何をやってもクビになりません。





【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きません)

仕事は適当、凡人はそこそこでいい

仕事をクソ真面目にやっている人の目的は何でしょうか。
一つには 適当にやってクビになるんじゃないかという恐怖心です。

もう一つは真面目にやって、成果を上げて、出世したい、成功したいといったところでしょうか。

しかしこの考えにもとづいて、仕事を真面目にやっている。
適当にやってると自分が困る。
なんて感がているとしてら間違っています。

はっきり言って大抵の仕事は、適当にやろうが、くそ真面目にやろうが大して成果に変わりはありません。
クビになる、ならないにも関係ありません。

時々仕事ですごい成果をあげている人がいますが、それはもともと優秀な人なんです。

凡人はそこそこでいいんです 。
無理して、成果をもとめたりしてはいけません、続きませんよ。
定年まで何年あるんですか?

仕事は適当にやる、これがストレスなくコンスタントに、凡人なりの成果を上げ続ける秘訣です。

ただし、もしかしたら、仕事が好きすぎて真面目にやっている、適当になんかできない、というひとがいるかもしれません。
その人たちは、本記事は関係ないかもしれませんね。
好きにやってください。

適当にやってよし。クビなんかそうそうできない

仕事を適当にやってるとクビになるじゃないか、と思っている人!
知っていますか?
会社というものは、そうそう簡単に社員をクビにすることはできません。

よほど会社に大きな損害を与えたなら別ですが、「仕事を適当にやっている」「業務態度が悪い」「時々さぼっている」くらいの理由でクビにできる時代ではありません。

もしそんな些細な理由で、「仕事をクビ」になりそうになったとしたら、それは明らかにブラック企業です。
従業員の権利と日本の法律を無視しているのですから、そんな会社は自分からやめたほうがいい。


適当にやってクビになる?じゃあ真面目にやってもたかが知れている

人間は「真面目に何かに取り組めば、適当にやるより良い成果が出る」というのが一般的な考えですね。
これは確かに正しいです。

しかし、ある人が、真面目にやることによって、適当にやった時とくらべて能力が10倍にも20倍にもなるなんてことはありません。

もしも適当に仕事をやって、クビになる程度の能力だとしたら、真面目にやったところでたかが知れていますよね。
「適当にやるとクビになるかもしれない」なら、時点で、その仕事・役割に対して能力が圧倒的に不足しているということじゃないでしょうか。

そんな仕事を何年も続けていくことはできないですよ。
自分の能力に見合った仕事をしましょう。
「クビになる」から「適当にできない」なんて綱渡りもいいところです。

適当にやった方が周りはついて来る

時々、くそ真面目に仕事をやろうと張り切っている人が、組織の雰囲気を乱してしまうことがあります。

周りの人は「ほとんどが適当に仕事しているのに」です。

その場合、クソ真面目に仕事をしている人はその組織の中で浮いてしまいます。

周りにもっとやろうよ、とかもっと頑張ろうよなんて、影響力を発揮しようとするので周りはたまったものではありません。
時には高圧的に怒ったりもします。

正しいことをしているという正義感でしょうか。
本人は、全体に負の影響を与えて、組織のパフォーマンスを下げていることに気づきません。

必要なのは、そもそも「仕事を真面目にやること」「仕事を適当にやらないこと」ではありません。
組織として、成果を出すことです。

仕事は適当じゃダメだ、真面目にやるべき、クビになっちゃうよ、なんて言ってる人は「目的」が「仕事を真面目にやること」になってしまっているんです。

そのことに気づかないといけません。

「仕事を真面目にやる」行為そのものはビジネスにとって何ら利益を生みません。
 組織の和を乱してしまえば、何ならそっちの方がクビにつながるリスクは高いですよ。

適当にやるときは、適当にやりましょうよ。





適当に仕事をしている人が成果を出している

すごく高い成果を上げている能力の高い人が時々います。
彼らは常に真面目に仕事に取り組み本気を出しているのでしょうか?

いいえ違います。

能力が高く、成果を生み出し続けている人は、適当に力を抜いています。

つま基本的に仕事を適当にしています。
仕事を適当にすることで、程よくエネルギーをセーブし、その結果、高いパフォーマンスを維持し続けることができているのです。

当然仕事をしているにも関わらず高い成果を出しているので、クビにはなりません。
まー能力がもともと高いのです。

つまり、成果を出している人は「仕事を適当にする術を持っている」かつ「基本的に能力は高い人」なのです。

まとめ:仕事は適当で。クビなんて滅多にない

会社や組織にとって最も大切なことは組織全体として成果を上げることです。

仕事を適当にしてる社員がたくさんいてもいいんです。
凡人は無理しなくてもいいですよ。
デキル人たちが、適当に仕事して成果をだしてくれますから。

みんな仕事は適当でいいんです。
仕事を適当にやってもクビになんてなりませんよ。

では。





あわせて読みたい

「向いてない」は甘えです:仕事が向いてないから辞めたい、うつになりそう?
仕事で迷惑ばかりかけてしまう:頑張りすぎてない?
会社の給料が安い!仕事辞める、退職理由になる?考えるポイント



よろしければtwitterフォローお願います