ホワイト企業でも社員がメンタルダウンする原因

うつ病、メンタルダウンはブラック企業だけの問題ではないと感じる

職場にうつ病などのメンタル面の不調で、中長期間休んでいる人いますか?

うつ病を初めとする精神疾患患者は、400万人弱といわれています。

もちろんこれらの患者がすべて、仕事によるストレスが原因ではありませんが、昨今問題となっている「ブラック企業」「ブラックな職場」と無関係とも言えません。

長時間労働をはじめとする激務やパワハラ、無謀なノルマを押し付けられて、精神的負担が…なんてイメージついつい、してしまいます。

では、ホワイトは職場では、メンタル面の不調で辞めたり、休んだりするひとはいないのでしょうか?


目次
  • ホワイトな職場でメンタルダウンする人たち
  • 精神的なストレスはどこから?
  • 「単純じゃないけど、単純な」周囲の配慮は必要

ホワイトな職場でメンタルダウンする人たち

今現在、残業なし、パワハラ皆無のすご~く緩い職場で働いています。
人間関係もそれほど悪くありません。

業務内容は、ちょっと専門的&細かい部分が多くて、書類のチェックやミスが内容かなり慎重にならないといけない部署ですが、いわゆる世間のイメージにある「ブラック」な職場とは対極にいるとおもいます。

さぞかし、みんな心身ともに健康ですごしているかと、お思いかもしれませんが、メンタルダウンしている人、普通にいます。

長期休養中の人、中期休養から復帰したばかりの人など。
また、過去に同様の症状で結局辞職した人もいます。

精神的なストレスはどこから?

彼ら/彼女らは、プライベートというよりも仕事、業務のストレスが体調を崩すきっかけとなっていました。

体調を崩す直前は、皆、怒りっぽくなったり、神経質になったりしていたようです。

印象としては、こういうホワイトな職場でダウンするひとって、まじめな人です。
ブラックな職場では、外部から圧力がかかりますが、これらの人は「自分自身で」内部から圧力をかけてしまします。

  • 仕事を完璧にしないといけない。
  • もっと成果を出さないといけない。
  • 自分のパフォーマンスを120%発揮しないといけない。
  • 担当分野を超えて、部門横断的なイノベーションを起こさないといけない。


幼いころからまじめで、自分にプレッシャーをかけることで成果をあげてきた人たちかもしれません。
うちの職場はホワイトですが、本社からふらっとやってきた幹部クラスが、上記のようなメッセージを何も考えずに発信していきます。
周りから見たら、「そんなの聞き流してたらいいじゃん?」ってことなんですけどね。

こういうメッセージを真に受けて、それにこたえようとすると、結局自分への圧力となってしまうのでしょうね。

また、職場がブラックであれば「こんなんやってられるかー!」っていう怒りのエネルギーや、同じ気持ちでいる同僚が沢山いて、吹っ切れることができるのかもしれませんが、ホワイトな環境であれば、なかなか自分のなかのを解消できないままになってしまうのでしょう。

「単純じゃないけど、単純な」周囲の配慮は必要

周囲の、特に経営陣、上司は、こういう真面目な人たちにたいするメッセージには気をつけたほうが良いのかもしれません。

「あきらかなブラック職場じゃないから大丈夫」ってわけでもないんですね。
難しいですが。

「もっとやらないとだめです」というメッセージを、全員に同じように出すことで、本当に成果があがるのか?

真面目な、そこそこ優秀な人って、放っておいても十分きちんとやるんですよね。
「単純に」何も言わなければイイと思います。

組織の、低パフォーマーのお尻を叩いて、成果を底上げしたい気持ちはわかりますが、かえって、優秀でまじめな社員を追いこんでしまうこともあるのかな?
とこの年で感じます(自分も肝に銘じます…)。

では。

最後まで読んでくださってありがとうございました。


あわせて読みたい

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿