職場の低い倫理観、不正。誰が正す?【会社辞めたい、仕事辞めたい】

不正行為、ハラスメント、脱税、倫理的問題が職場にある

仕事をしていると、ちょっとこれはまずいんじゃないか?
ルール的に こんなことやっていいんだろうか?
これは最近の社会の流れからして問題なんじゃないか?
なんかニュースで叩かれてたあのケースににてる。

なんて感じで、「倫理的」に問題があるのかもと思うような事例を目にすることがありますよね。

日産のカルロス・ゴーンによる巨額脱税事件もありましたが、そこまでいかなくても犯罪っぽい、ちょっとしたものとか。

こんな問題が職場にある時どうしたらいいでしょう?


目次
  • 「優秀」な「優等生」のあなた
  • 「優秀」じゃない「優等生」のあなた
  • 「優秀」な「破天荒」のあなた
  • 「優秀」じゃない「破天荒」のあなた
  • つらいときにどうしたらいい?
  • 組織の倫理感は誰が正すべきか


「優秀」な「優等生」のあなた

倫理的にまずいケース、ちょっとでも犯罪的な違和感を感じたらはっきりと声を上げます。
社内外に内部告発を受け付ける窓口があるかと思いますのでそこに通報です。

あるいは、そこまでしなくても本人、上司に指摘して是正させましょう。
大丈夫正しいことをしてるのはあなたです!

もしそれが原因で干されたり、追放されても「優秀な」あなたならすぐに復活できます!より良い転職先に行けますし、腐った職場ともおさらばですね!めでたしめでたし。

「優秀」じゃない「優等生」のあなた

優等生のあなたは、不正を目にして不快感におそわれます。

自分が部分的にでも関わってしまっているようであればなおさらです。
こんな状況で精神的に辛いでしょうが、よほど信頼できるルートがない限り内部告発はオススメしません。

最悪の場合、職場を追われることになりますよ。
次の就職先も保証されません。

多少のことには目をつぶり、できるだけ不正と距離をおきましょう。
耐え忍ぶのです。

強い正義感を抑えるのも努力です。

内部告発したら不遇な扱いを受けたとして企業相手に訴訟を起こすケースもありますが、裁判には長い時間がかかり失うものも大きすぎます。

「優秀」でない普通の人にはイバラの道が待っています。
残念ですが耐えましょう。

「優秀」な「破天荒」のあなた

破天荒なのであまり倫理的な問題を気にしません。
とくに正義感がふつふつと盛り上がって。。。なんてこともないでしょう。

むしろ他人の不正行為をみて、「すげー(笑)」って感じで飲み会のネタにします。
なんならちょっと加担して、得したり。

でも優秀なんで、ギリギリのラインを死守して犯罪には及びません。
他人のやり方をアレンジしてより巧妙に、より効率的に最適化します。

なんなら周囲からは、不正や倫理的に問題のある行為をしてることがわからないでしょうね。そして成果を上げ自分の評価を高めていきます。

実はこういうタイプ結構いるのでは?

「優秀」じゃない「破天荒」のあなた

楽をしたいし、倫理感もないのでやりたい放題です。

不正をしていることは周りからバレていますが、正攻法では成果が出ないので仕方ありません。

追求されたら「みんなやってる」「俺だけじゃない」「俺の責任じゃない」と叫びます。

隠蔽工作も下手なので、最終的には処分されます。

つらいときにどうしたらいい?

きっといちばんつらいのは「優等」じゃない「優等生」ですよね。

自分の納得できないことを受け入れ続けるのはかなりのストレスです。
そんな人は、まずやるべきことはがあります。

目にした不正行為が本当に問題なのかどうなのかを確認するべきことです。

 あやふやなまま悩み続けると精神的にも良くないですし、ただの自分の誤解かもしれません。今の時代ですからインターネットで調べてみることも問題ないでしょう。
社内 にガイドラインや SOP があればそちらを熟読するというのも一つ大事なことですよね。

組織の倫理感は誰が正すべきか

そもそもこういう問題は誰が改善するべきでしょうか。
現場で働く社員でしょうか?

「当たり前だよ。自分の会社は自分たちで良くしていくんだ!」
なんてことを言う人もいますが、それは違います。

これは経営者にとって都合の良いタダのエゴでしょう。
ふざけんな。やってられるか。

例えば、自分の家族や子供が悪いことをしていたら一生懸命注意して改善促しますよね。それは当たり前のことです。

自分の家族だから。

でも会社はあなたの家族ではありませんし所有権もありません。

会社を良くしていくのは、当然、会社の所有者であるべきです。

株主や経営者、幹部達ですね。

普通の社員が、リスクをおかして会社を良くしてくれる、なんて都合が良すぎます。

倫理感を欠いた職場からは、優等生は去っていきます。
破天荒な社員は不正に乗っかります。

会社が腐って困るなら所有者が一生懸命改善すればいいことです。

もし、今倫理感や正義感と、職場の現状のギャップに苦しんでいるなら楽になってくださう。

「あなたが苦しまなくて、いいんですよ」

では。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

その他の記事一覧はサイトマップ

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿