医療事務を40代、未経験で求職するならパートがいい理由

医療事務未経験40代パート
医療事務は主婦を中心に根強い人気があります。

専業主婦をしていたけれど、子供が大きくなったのを機に、40代くらいで医療事務に興味を持つケースがとても多いです。


とはいえ、40代で、未経験・無資格だと医療事務として採用されるのか、という不安を抱える人もいます。

まー結論を言うと、40代・未経験の人が医療事務を目指すならまずはパートやアルバイトからがいいよっていう話です。

本記事で、その理由について掘り下げて行きます。

40代、未経験だけど医療事務の仕事を検討している人の参考になれば幸いです。


【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


医療事務は40代・未経験では厳しいのか

一般的には医療事務は未経験だとなかなか難しい、採用されにくなんて言われていますよね。

しかも、医療事務に限らず40代だと就職戦線ではどちらかといえば不利になってくる年齢。

ところが、専業主婦が子供が小学生になったのを機に医療事務に興味をもった。

その時すでに40代というケースは多いのです。

その場合、以下のような不安や悩みを抱えることになります。

・40代で医療事務の資格を取ると遅いのかもしれない

・未経験かつ無資格では採用してもらえないのか、求人はあるのだろうか

・医療事務の年齢層は?40代や50代のおばさんでも活躍できるのかしら?
結論を言うとこのような不安、悩みはあながち間違いではありません。

経験が非常に重要視される医療事務の世界では未経験だと圧倒的に不利です。

また、医療事務は人気の資格であるため、ライバルも多いです。

同じ資格をもっていれば若いほうが有利になります。

こちらの記事も

医療事務を40代、未経験で求職するならパートがいい理由

上記のような医療事務の現実・現状は40代・未経験の方には割と厳しいものになります。

とはいえ、これは比較的「条件が良く」、かつ」正社員」の医療事務の職を求めた場合。

非正規のアルバイトやパートであれば40代、未経験でも十分チャンスはあります。

なんなら、いきなり正社員ではなく、まずはパート・アルバイトというのは賢い選択とも言えます。

なんなら50代でもOK

理由を挙げて行きます。

医療事務のパートなら40代・未経験・資格無しでもチャンスあり

医療事務の仕事は経験重視で、未経験者は不利と書きましが、パートの場合は別で、未経験者にもチャンスがあります。

なぜなら、「資格あり・経験者・若い人」という強力なライバルはパートではなく正社員を志望するからです。

パートだと報酬面で条件は悪くなりますが、雇用する側もそれほど高いスキルや責任を期待することはできません。

未経験でもいいので採用しようということになりやすいです。

医療事務の仕事は難しい、パートでまず慣れよう

医療事務の仕事を初めてやると覚えることが多くて難しいです。

未経験でいきなりフルタイムで働くと、はじめの数カ月はかなり疲弊してしまうでしょう。

無理をして、ミスを頻発したり体を壊してしまう人もいます。

たいていの医療事務の職場では、フルタイムならクラークやレセプトなどの難易度の高い業務中心。

パートなら受付中心の比較的難易度の低い業務担当になるはずです。

つまりパートのほうが、未経験でも簡単な業務から少しづつ仕事を覚えていくことができます。


医療事務のパートしながら資格の勉強をすれば学習効率アップ

ちょっと厳しいことを書くと、40代で新しいことを始めるのは結構「遅い」と思います。

医療事務に興味を持ったので、資格の勉強して、資格取って、それから就職先探して、って感じでやっているとあっという間に数年立ってしまいます。

なので、もっとスピード感をもっていきましょう。

資格の勉強開始とともに、未経験者OKの医療事務のパート求人に応募することをお勧めします。

うまいこと採用されればお金ももらえるし、最速で未経験者から経験者になれますよね。

医療事務の関連資格も働きながら学べるので学習効率アップ。

40代、未経験、無資格で医療事務をめざすならこれが一番効率いいです。


医療事務の資格専門学校の就職斡旋制度は完璧ではない

通学制の資格の専門学校では、資格取得者に就職斡旋をしてくれるところがあります。

ニチイ学館とか、ヒューマンアカデミーとかですね。

これらの業者を利用するのは否定しないし、全然OKなんです。

でも、ちょっと気にしておいてほしいのはこの「就職斡旋制度」は完璧ではないと言うことです。

受講生全員に希望にあった案件を紹介できるわけではないということですね。

勤務地や勤務条件の希望もあるし、紹介してもらったものの職場の雰囲気が悪かったなんてこともあります。

そうなったら、40代になって、せっかく資格をとったのに授業料をのもとをとれない、なんてことになりかねません。

資料請求は無料です こちら(*´ω`*)↓


40代、未経験、無資格でも医療事務に採用されるためのポイント(パート、フルタイムどっちも使えます)

最後に、40代、未経験、無資格でも医療事務に採用される可能性広げるポイントを2つだけ書いておきます。

誰にでも有効な方法と言うわけではありませんが、ちょっと頭の片隅にいれておいてください。

新しく開設する病院の医療事務枠は狙い目

もしも通勤県内に、新しく開設される病院があればチャンスです。

病院の規模によりますが、一定数の医療事務の採用を短期間に行う可能性があります。

たとえ、病院側が医療事務の経験者ばかりを採用したいと考えていても、予定した人数を確保するために未経験者を採用する可能性があるのです。

近所で病院の建設が始まった求人サイトをチェックしましょう。


医療事務「経験者募集」求人に応募してみる

医療事務の求人がでていて、「経験者募集」と記載があっても応募してみるのも有りです。

他の「未経験者」が敬遠するため意外と競争率が低かったりします。

うまいこと面接まで勧めたら、経験がない代わりに、コミュニケーションスキルやパソコンスキル、一般事務の経験といったものがあればアピールしましょう。

これらは医療事務の仕事でも十分役に立ちますから。

以上、参考になれば幸いです。

では。


あわせて読みたい
調剤薬局事務と医療事務どっちがいい?おすすめは?比較してみた
医療事務未経験者の辛いポイントと攻略法!
医療事務と登録販売者はどっちがいい?徹底比較!

その他の投稿記事一覧はこちら

よろしければtwitterフォローお願います