女性のダイエットは男性より難しい?痩せにくい?理由と対策

女性は男性より痩せにくいの?私はほかの人より痩せにくいの?痩せる方法は?

昨今の健康ブームで、男女問わず、やせたい!かっこいい体つきになりたい!なんて声が聞こえてきます。

大人のボディメイク、なんていい響きですよね。

でもなかなか効果がでない、続かないという悩みも聞きます。

私は痩せにくい(太りやすい)体質なんだ…ってあきらめてる人も。



目次

  • ダイエットが難しい「体質」は確かにある!
  • 女性は男性より痩せにくい?
  • 「痩せにくい」からといってあきらる?
  • エリートダイエッターの体験は励みにしていい、でも自分と比べてはだめだ


ダイエットが難しい「体質」は確かにある!

いろんなダイエット方法を試したけれど、全然痩せない。

痩せたことが無い…

そんな風に感じているひとも多いと思います。

そうなんです、実は、痩せにくい体質ってのはあるんです。

我々の体は、運動や生活のなかで「消費されるエネルギー」と食事からの「摂取エネルギー」のバランス収支の結果でできています。

消費エネルギーの方が多ければ、痩せていきますし、摂取エネルギーの方が多ければ太っていきます。


  • 体質的にエネルギー消費量が少ない人。
  • 体質的に、食べ物から効率よくエネルギーを摂取できるひと。


こんな人たちは、残念ながら痩せにくい体質といえるでしょう。

本来、我々動物は、自分の命を守るために、食糧不足に備え、できるだけエネルギーを脂肪などとして蓄えようとします。

そして、食糧が無ければ消費するエネルギーを減らそうとします。

「痩せにくい」ことはつまり生命体としては理想的なんですねー。

女性は男性より痩せにくい?

一般的に女性より男性は痩せにくいとされています。

男性の方が筋肉量が多い、かつ筋肉がつきやすいため、ベースとなる消費エネルギーが高いためです。

また、生物学的にも、女性は妊娠し、子供を産む必要があるためそのための余剰エネルギーが必要ですよね。
男性は、狩りでもでて、食糧をある程度持って来れば、最悪餓死してもいいんですよ。

また、女性ホルモンの影響で、食欲のコントロールが不安定だったりしてダイエットへのモチベーション維持が難しいとも言われています。

確かに、経験上、男性の方が食事制限やなんかを苦にしないひとが多いように感じますね。

それに、女性は男性と比べ、全体的に丸みを帯びた体つきになっています。

そのため、脂肪が体全体についていて、ダイエットをしても、視覚的に効果を実感できないということもあります。

これでは、モチベーションの維持が難しいですね。

女性は痩せにくい、そして、ダイエットという活動に対して不利なのかもしれません。

「痩せにくい」からといってあきらる?

では、女性はダイエットをあきらめるしかないのでしょうか。
諦めてもいいですよ。
だって痩せることが正義ではないです。

でも、痩せたい!ダイエットしたいと強く願うらあきらめてはいけません。

自分はダイエットに「不利」なんだということを理解したうえで、無理のない、計画をすることが重要です。

「ダイエットできたことが無い!」ってひとは、ひとたび効果を実感できればモチベーションアップ、さらなる成功という良いサイクルに入れる可能性を秘めています!

短期間で成果を求めず、長期的なスパンで考えることが大事です。

  • 無理な運動計画は立てない
  • 無理な食事制限はしない
  • はやりのダイエットに、即効性を求めない
  • 睡眠時間や規則的な食事時間など、「生活習慣」の改善を行う

エリートダイエッターの体験は励みにしていい、でも自分と比べてはだめだ

テレビやブログで紹介されている、ダイエット界のエリート、カリスマモデル、芸能人なんかを見てるとつい自分とくらべてしまいます。

憧れて、励みにするのはOKです。
モチベーション維持のために彼女/彼らの手法を真似するのもいいですね!

でも決して、比べてはいけません!

成果が出なくて、落ち込んでしまいます。

気にすることはありません、同じようになれるなら、あなたもテレビに出れるはずですよ!
でも出てないでしょう!

ダイエットでお金を稼いで、飯を食っていくつもりなら別ですが、凡人は、凡人なりにダイエットできればいいんです。

それで、大成功なんですよ!
コツコツ、焦らずやっていきましょう。
成果をすぐに求めてはいけません。

では

最後まで読んでくださってありがとうございました。


あわせて読みたい


ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿