医療事務女性がモテるために理解しておくべきポイント

医療事務モテる女性モテない

若くて、独身の医療事務の女性はモテるというイメージが世間にはあります。

実際、医療事務として勤務している女性からしてみれば「はぁ?そんなことねぇよ」って言われるかもしれませんが。

あくまでイメージの話です。

とはいえ、実際にモテている医療事務女性もいるわけなんで、そのあたりのことを書いて行きます。

本記事では、医療事務女性がモテるために理解しておくべき事して、以下の点について整理、解説しています。

・なぜ医療事務の女性がモテる(モテそう)と思われているのか
・モテる医療事務女性はどんな要素を持っているのか
・モテているあるいはモテたり医療事務女性が気をつけるべきポイント



医療事務の女性はモテると思われている理由


そもそもなぜ医療事務女性はモテると世間で思われているのか。

「医療事務モテるらしいよ」ってだれかが言っても、世間のひとが「んなわけないだろ、何言ってんだお前」って言ったっていいんですよ。

でもそうはならない。

なぜか。

それは非医療事務の男性が、女性医療事務に対してポジティブな印象をもってるからです。

具体的な理由を上げていきましょう。

病気のときに素敵な笑顔をくれる受付の医療事務さん


風邪でも怪我でも何でもいいので、病院に行きますよね。
その時はじめに会うのは、受付の医療事務の方です。

このとき、女性の医療事務が、若くて、可愛くて、笑顔が素敵だったら男性はドキドキしますよね。

もちろん毎回そうではありません。

でも過去に一度でもそういう医療事務女性に当たったことがあれば、それはある種の「成功体験」となって、医療事務の女性は素敵=モテるというイメージが刷り込まれます。


医療事務にもある「制服効果」

あと大抵のクリニック、病院では医療事務の女性は指定の制服を着ています。
看護師との色違いの白衣だったりもします。

制服効果というか、男女問わず制服を着る職業は、格好良かったり、可愛く見えたりするものです。

2割増しですね。

女性看護師のナース服や、女性薬剤師の白衣と同じように、医療事務の女性の制服効果によって、ここでも医療事務の女性は素敵=モテるというイメージが刷り込まれます。

実際かわいい医療事務が多い

医療事務の場合、決して「イメージ」だけの問題ではなく実際に可愛い女性が受付に座っていたりします。

特に小さいクリニックなんかだと、「おいおい、顔で選んでんのか?」と言いたくなるようなことも。

多分本当に顔で選んでいます。

近年では小さいクリニックは経営も大変です。
受付のかわいい医療事務女性目当てて患者が来てくれてもいいのです。
背に腹は変えられない。

顔で選んだかわいい女性を医療事務として雇用しています。

実際かわいい医療事務女性を目にすることが多いので、医療事務の女性=かわいい、モテるというイメージが脳内を駆け巡ります。


婚活と絡めた医療事務押しキャンペーン?

もう一つ、医療事務の女性はモテるよーなんて言われる理由に、ある種の婚活と絡めたキャンペーン、啓蒙活動が背景にあります。

近年では、年収の高くない男性も増えています。
そのため夫婦共働きが一般化していますね。

こういった背景のもと、「結婚後も安定した仕事が確保できる女性」であることは、婚活市場で非常に有利だと言うのです。

医療事務の女性=婚活市場でモテやすい、そういうイメージが定着しつつあります。

こちらの記事も

医療事務の女性は誰に、どこでモテるのか


実際に「モテる」医療事務女性は、誰に、どこで、モテるのでしょうか?

どこで、というのに対する答えとしては下記のいずれかになります。
・職場(病院)
・婚活市場

職場でモテる医療事務の女性

医療事務だと多くの場合、職場=病院ということになります。

病院には、医師や薬剤師など複数の医療関係者がいますよね。
当然彼らとの接点はあると思います。

しかし、業務内容によっては意外と交流は限定的。

また、メインの職場である、医療事務のオフィスや受付ブースでは周りは医療事務ばかり。

必然的に同棲である女性医療事務に囲まれて一日をすごすため、同僚が出会いの相手になりにくい、ということいなります。

そのため、モテる医療事務女性は「患者からモテる」「患者から誘われる」なんてケースが結構あるみたいです。

実際に恋愛に発展するかとか、職場の規定で患者とのプライベートな接触が禁止だとかいろいろありますが、とりあえず、医療事務女性は患者からモテるのです。

特に美人だったりするとね。


婚活市場でモテる医療事務の女性

上述したように、医療事務の女性は婚活市場でモテます。

医療事務の仕事が、安定している・勤務地を選ばない・それなりの年収が期待できる、といった夫婦共働きを想定したときにメリットが大きい仕事だから。

当然、自分一人の年収で家族を養える「高スペック男性」にとってはあまりアドバンテージはありませんが、そこそこの年収〜平均年収以下の男性からのアプローチはかなり期待できますね。

ライバル女性との差別化もできます。

医療事務女性がモテるために気をつけること


そんな「モテる」あるいは「モテるポテンシャルのある」女性医療事務さんですが、一歩間違えると「モテない」あるいは「恋愛で大失敗」なんてことになりかねません。

ここでは、医療事務女性がモテるために気をつけておくべきことについて書いておきます。

勘違いして男性への理想が高くなる?

医療事務女性が婚活市場でモテると、もっとスペックの高い男性でもいけるんじゃないか?なんて思えてくるものです。

ただし、上のほうで少し触れましたが、「医療事務」というカードはあくまで共働きに有利なものです。

高スペック男性にとってはあまり効果はありません。

また、職場で比較的高年収の医師たちに囲まれていますので、どうしても男性への理想が高くなりがちです。

せっかくモテたのに、相手を選り好みしているうちに月日が過ぎてしまって気づけば一人、なんてことにならないように注意しましょう。


患者と医療事務の恋愛は注意

医療事務女性は患者からモテたり、お誘いを受けることがありますが、その後の行動は要注意です。

たまたま病院に訪れた患者はどういう人間かわかりません。
それに、おそらく近所に住んでいます。

下手に相手をして、ストーカー化したりしたら最悪です。

慎重に行動しましょう。

医師と医療事務の恋愛では注意

医療事務女性が、勤務先の医師との恋愛に発展することもあります。

普通の恋愛ならいいですが、遊ばれているだけだったり、既婚者で不倫関係になったりしたら最悪。

修羅場が待っています。

残念ながら医師と比べると医療事務のほうが立場が低いため、仕事をやめなければならなくなるでしょう。

医療事務は絶対的な出会いが少ない

医療事務の場合。病院の中で出会いがある環境であればいいのですが、業務内容や組織体制によっては、異性との出会いが全くないという場合も。

積極的にプライベートで職場外の人と交流したり、婚活したりしないといけないかもしれません。


「医療事務の女性」に男性は何を期待しているのか

婚活でモテる医療事務女性についていうと、やはり、「医療事務の女性」に何を期待しているかを理解しないといけません。

ずばり、将来共働きで働いてくれることを期待されれています。

・兼業主婦OK
・転勤OK
・家計を男性が一人で支えるなんで時代遅れでナンセンス

こういった考えを示していくとモテます。

医療事務女性がモテるために理解しておくべきポイント【まとめ】


以上まとめますと、基本的に世間は(世間の非医療事務の男性は)、医療事務の女性がモテると思っているし、とても良いイメージを持っています。

実際若くてかわいい医療事務さんは患者さんからモテることもしばしば。

また、婚活市場においても医療事務というお仕事をしていれば、男性から好意的に受け取られますし、ライバル女性との差別化も可能です。

そして、医療事務女性としてモテるがゆえに注意しておきたいポイントっていうのがこんな感じ↓

・勘違いして男性への理想が高くなる?
・患者との恋愛は注意
・医師との恋愛では注意
・絶対的な出会いが少ない
・「医療事務の女性」に男性は何を期待しているのか

以上です。
では!



あわせて読みたい
医療事務は何歳まで働ける?50代60代70代以降も医療事務として働くためのポイントを整理した
調剤薬局事務と医療事務どっちがいい?おすすめは?比較してみた
医療事務未経験者の辛いポイントと攻略法!

その他の投稿記事一覧はこちら

よろしければtwitterフォローお願います