転職で年収下がる40代ってマジ悲惨だから気をつけたほうがいいよ

転職年収下がる40代
近年の転職ブームでうっかり転職すると悲惨ですよって話です。
特に年収下がるのを受け入れて40代で転職、新天地で賭けてみたい、なんて恐ろしすぎますね。

先日以下のようなツイートをしました。

40代非管理職で年収ダウン転職は危険🤔減った年収はもう戻らない😭

✔️管理職候補
✔️入社後の評価次第で年収増
とある求人は要注意🙄

以下の現実を認識しよう
😫40代転職後、平社員→管理職は時間的に無理ゲー
😫管理職ポストは生え抜き30代社員のモノ
😫40代平社員はそもそも能力不足
特に「非管理職」で、年収下がる場合の40代転職は絶対やばいっす。

本記事で掘り下げていきますね。


【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


転職ブームでそわそわする40代

昔は転職なんて、ごくごく一部の変わった人しかしませんでしたよね。

新卒で入社した会社で定年まで勤め上げるのが美徳だと。

それがかなり前から転職ブームと言われています。

大手転職サイトの調査によると2〜3人に一人は転職経験者だそうです。

この流れのなかで、大半の人は一度くらい転職を考えたり、転職サイトを覗いてみたりしたことがあるんじゃないでしょうか。

そわそわしますよね。


こちらの記事も

転職で年収下がることがある。これ現実

転職の目的は様々です。

新しい仕事に挑戦したいとか、もっとホワイトな職場やあこがれの企業に入るチャンスとか。

転職によって大幅年収アップ!なんてこともあるとか、ないとか。

でも実際は、転職で年収が下がることも多いみたいです。

実際私は、20代後半で一度転職をしました。

同じ業界内で、より規模の大きい会社への転職でしたが、20〜30万円ほど年収下がる経験をしました。

考えてみればじつはこれって当然。
そもそも転職は、採用側もリスクがあるわけです。

エージェントに手数料払って、自社で育成したわけでもない得体のしれない人材を雇うわけですよ。

年収を抑えたいのは当たり前。


40代以上だと、転職で大幅に年収下がることもある

特に40代以上だと、転職時の年収の変化には要注意です。

日本の多くの企業は、年功序列歴な給与制度を維持していますよね。

40代以上の世代は、その「年齢」によって必要以上に高い給料をもらいがちです。

そんな40代以上の会社員が、転職しようとする場合、よほどのスキルや経験が評価されない限り、年収アップは難しいのです。

管理職採用なら別ですが、年収維持で御の字、だいたいは年収下がる転職が多いですね。

もともと年収が高いので、下げ幅もでかいです。

年収800万円から、400万円台なんてこともあります。

転職で年収下がるのに受け入れる40代平社員


「年収下がるなら転職なんかしないよ」
そう考える人は正しいです。

お金のために働いているんだから、たくさん給料くれる会社にいたらいいんですよ。

とくに40代以上だと、子供や将来の蓄えのために一定の年収を確保することは最優先事項でしょうから。

でも、なかには、転職で年収が下がるのに、受け入れてしまう人がいます。

それは「40代の平社員」が陥りやすい罠があるのです。


甘い転職の罠に落ちる40代平社員たち

転職サイトの求人をみていると、まるでテンプレのように下記のような文言が見つかると思います。

・管理職候補として採用
・入社後の活躍に応じて年収アップ

別記事でも書きましたが、現在の日本では、管理職になれず平社員のままサラリーマン人生を送ることになりそうな40代がたくさんいます。

彼らにとって「管理職候補」というのは、なんとも魅力的なんです。

たとえ、入社時に年収下がることになっても、すぐに管理職にしてもらえる、年収も上がる。

そんな勘違いを、していまうのです。

40代で年収下がる転職を受け入れてもいいのか、よく考えよう

もちろん、転職先が本当に管理職候補の人材不足ということはあります。

実際に年収が下がることを受け入れて転職後、すぐに管理職に昇格する例もありますから。

でも、そんな甘いケースばかりではありません。

年収下がることを受け入れて転職したものの、一向に昇格させてもらえず、安い賃金で働かされることもざらです。

これは、別に転職者を意図的に騙そうとかいうことばかりではありません。

考えてみてください。


40代平社員が転職後するに管理職登用は無理ゲー

例えば45歳の平社員がいるとします。
転職先で新たな役割、環境になれて、一定の成果をだし、かつ、同僚の信頼を得るまでにどれくらいの時間が必要でしょうか。

当然いままで部下を持ったことがない平社員ですから、人とリーディングするスキルを認めてもらわないと行けません。

いざ管理職につくには、各社で定められた昇格試験や研修を完了しないと行けないですよね。

あっという間に数年は経ってしまいますよ。

40代平社員が転職して、そこから管理職を目指すのは、時間的に無理ゲーです。
特殊な専門性がある場合は別ですが。

管理職ポストは希少、生え抜き30代のもの

現代では、どの会社も無用なポストを減らし、人件費を削減しようとしています。

よほど社内に優秀な人材がいない場合を除き、希少な管理職ポスを社外からポッとやってきた40代おじさんに気前よく与える会社は多くありません。

できれば、生え抜きで優秀な30代を管理職に登用したいものです。

そのほうが若手もモチベーションあがりますから。

管理職候補で入社した40代平社員が、優秀な30代に勝てるとは思えませんね。


40代で平社員?そもそも「デキる」のか?

そもそも、40代でいまだに平社員の自分は「デキる」やつなんでしょうか?

管理職候補につられて、面接でたまたまうまいこといったところで、入社後のパフォーマンスが悪ければ、干されるだけです。

年収下がる転職をして、管理職にもなれず、新たな職場で干されるなんて悲惨過ぎます。

そんな悲惨なシナリオにならない自身はありますか?


転職で年収下がる40代ってマジ悲惨だから気をつけたほうがいいよ【まとめ】

転職は素晴らしいシステムです。

新卒者が一生同じ会社でおとなしく飼われることが美徳とされた時代は、地獄だったでしょうから。
転職市場の活性化は、その地獄を終わらせたのです。

でも、転職ブームにのせられてはいけません。
転職で年収下がることは十分あるし、40代の場合は、下げ幅も大きく、その後上昇する保証はありません。

40代平社員にとって、「管理職候補」とか「入社後の評価で年収アップ」という謳い文句は、魅力的すぎます。

でも、一つあやまれば末路は悲惨すぎる、ということをよく考えておきましょう。

転職は自己責任で。
では。


あわせて読みたい
リクナビNEXT会員登録(無料)したぞ:手順と注意点【はじめての転職初心者必見】
転職者に「即戦力プレッシャー」かける会社はろくなもんじゃない、対処法あり
仕事ができない、辛い40代の生存方法

その他の投稿記事一覧はこちら