上司が無能/嫌い【会社辞めたい,仕事辞めたい】

今の上司に不満。無能・嫌い

多くの人は「上司」の下で仕事をし、指示を受け、評価されることで労働者人生を全うすると思います。
社長になれれば別ですが。

  • 今の上司のもとで仕事を毎日頑張っているけれど、どうも調子が良くない。
  • 上司のが出来が悪い。
  • 上司が無能。
  • 上司の指示がおかしい。
  • とにかく嫌い。
  • こんな上司とはやっていられない。
  • もっと優秀な上司の下で仕事をしたい!

なんて挙げればきりがないですが、不満を抱えてる人はたくさんいると思います。
そんな不満な状況で長く働いているとモチベーションも下がってしまうし、自分の将来も不安になります。
こんな上司さっさとクビにして俺を出世させた方がいいだろう、なんて思ってる人もいるかもしれませんね。
実際上司が無能だと所属部署の業績も上がらないし、自分が正しく評価されているかどうかも不安です。
よし、じゃあ転職だと言って新天地で理想の職場に出会える人もいることでしょうが、それまでの間、気を付けなければいけない注意点があります。



目次
  • 下克上なんか考えるな
  • 期待をやめて、介護をする
  • 気持ちよく転職するために
  • まとめ


下克上なんぞを考えるな

こんな上司、さっさと引きずり落として自分が上司になってやろうなんて気持ちで踏ん張っている人が割と多くいると思います。
いわゆる「下克上」です。
ドラマとかでよくあるかもしません。
しかしこの考えは私の経験上、危険ですし、狙っても成功しません。
下克上がうまくいって、自分が新しい上司になって、成果があがれば素晴らしいことかもしれませんが、かなりの障害があるのです。
まず今の上司、腐っても上司です。
今の地位に到達したのは何らかの理由があるのです。
引きずり下ろそうとしている部下がいると気づけば、全力を出してそれを阻止しようとするでしょう。
場合によっては あなたにミスの責任を押し付けたり、あなたの評価を悪く流布したりといった不遇な扱いをしてくることも考えられます。
またそ、んな無能な上司の下で働いている他の多くの同僚は、無能な上司の下で働くことに慣れています。
仮にあなたが優秀で、下克上を成し遂げたとしても無能な上司になれた部下が果たして優秀な上司にいきなりついてくるでしょうか?高い業績を上げることができるでしょうか?

難しいと思います。
下剋上に成功しても、次は部下が無能だと嘆く羽目になるかもしれません。

こういった場合、労働者としてのパフォーマンスを保ち、腐らずに働き続けるのであれば転職をしたほうが良いでしょう。

期待をやめて、介護をする

では転職までどうすればいいのでしょうか?
無能な上司にイライラしながらそれでも我慢しながら仕事をするべきでしょうか?

それでは不健康ですよね。精神的にもまいってしまいます。
転職活動のエネルギーもなくなってしまいます。
 一つ、考え方を発展させる必要があります。

まず、こういう上司には、期待するのをやめます。
改善は求めません。
そもそも、上司=優秀というのは固定概念です。
多くのひとは、この固定概念に縛られています。

そして次に、上司に対する態度をちょっとだけ変えてみます。

できの悪い上司は、少なからず自分のパフォーマンスに自信を失いつつあります。
部下がついてこないことも、「こいつイケてねえな」って思われていることも薄々感づいています。
皆に嫌われて悲しい気持ちになっています。
優しさに飢えているのです。そこにつけこみましょう。

できの悪い上司を一生懸命(風)に、優しくサポートしてあげましょう。
いうなれば介護しているイメージですかね。
私は、できの悪いあなたをサポートしますよ~みたいな。

そうすると、大抵は態度が変わります。
適当に指示を出していた上司が、あなたにだけはちょっとだけ丁寧に指示をだすことでしょう。
評価もちょっと良くしてくれるかもしれないし、仕事の量も減らしてくれるかもしれません。
ポイントは、周りの同僚よりもちょっとだけ優しくしてあげることです。
ちょっとだけ、微妙にです。
飲みに行くほど仲良くならなくていいです。
これはだんだん慣れて、うまくできるようになります。

気持ちよく転職するために

こうして上司を優しく、介護している間に、あなたは転職準備を着々と進めます。
作戦どうり、うまくいっていれば人間関係的には良好なので、つまらない転職妨害を受けることも無いでしょう。
上司は寂しがるでしょうが、知ったことではありません。
無能な上司のもとで長期的に働くことは避けたほうがいので。

転職に伴う精神的負担もすくないと思います。

まとめ

  1. 無能な上司に期待しても無駄
  2. 下剋上は得るものが少ない、ドラマとは違う。やめとけ。
  3. 介護の精神で上司にちょっとだけ優しくしてやる。
  4. 最終的には転職したほうがいい
では。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

その他の記事一覧はサイトマップ

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿