Google Nexus 5はいつまで使えるのか?考えてみた

Nexus 5は限界か?いつまで使えるか考えた


みなさん、Nexus 5使ってますか?
きっとこの記事をみてるってことはNexus 5もしくはNexusシリーズを使っているひとも多いとおもいます。

私はじつはNexus 5を、メイン機として、もうかれこれ5年近くつかっています。
2013年11月に発売されてすぐにポチったのです!
こんなに長い付き合いになるとはおもっていませんでした。
だって、Nexus 5以上に愛せそうなスマホが見当たらないんです!

Antutuスコア5万点台を叩き出す、当時としては超ハイスペックスマホで、
今でもローエンドやミドルエンドクラスのスマホにも負けないスペックを誇っています。
十分使えるんです!

しかし、すでに2015年10月にサポートを打ち切られ、android 6.01のまま。
すでにバッテリーも2回交換しています。

そんなNexus 5、いったいいつまでメイン機としてつかえるのだろう。

考えてみました。

目次

1. Nexus 5基本情報
2. ハードとしての寿命
3. ソフトとしての寿命
4. 後継機候補はいるの?
5. 最後に



Nexus 5基本情報


これはいわずもがな。
Googleによって開発されたのスマートフォンモデルNexusシリーズの一つがNexus 5です。
メーカー独自のカスタマイズがなされていない”ピュアAndroid”が使えることが魅力の一つである端末です。

Nexus 5はNexusシリーズの知名度を一気に向上させた名機だと思います。
Y!mobileでも取り扱われてました。

Nexus 5はその高い性能に対し、非常に低価格(16GBモデル:39800円,32GBモデル:44800円)で販売され、「コスパチョーたけーじゃん」って感じでついぽちってしまいました。

その後、Nexus 6, Nexus 5X, Nexus 6Pと続きますが、このころからGoogleの方針転換により、廉価で高コスパだったNexus 5と異なり、ハイエンド・高付加価値・高価格モデルとしての地位にシフトしてきました。

ハードとしての寿命

Nexus 5の欠点というか、初めにガタがくるとされる部分がバッテリーです。
公式には、バッテリー交換はメーカーに頼むしかないのですが、先人たちにより自分でバッテリー交換をする方法が公開されています。
互換バッテリーはamazonや楽天で1000 ~1500円程度で購入できますので、工具があれば交換可能です。

私も自分ですでに2度交換しています。
一つ目のバッテリーはLG elerctronics Japanと書いてある、でも怪しいバッテリーを使ったところ4カ月ほどで膨張してきてしまい、交換するはめに。
二つ目は評判のよりロワジャパン製のもので、こちらは快調に動いています。

基盤がやられればお手上げですが、いまのところはバッテリーが手に入る限り、あと1-2年は使い続けることができそうです。

ソフトとしての寿命

2015年10月にサポートを打ち切られ、android 6.01以降のOSアップデートがされていません。
こちらが実質上の寿命を決めてしまうかもしれません。

とはいえ2018年9月現在、よりバージョンの古いKitKatやLolipop端末も稼働しています。
先日Yahooニュースアプリがandroid 4.3以降に対応しなくなるとニュースがありました。
徐々にメジャーアプリが対応不可となって、古いOSが世から消えていくのですが、android 4.3のリリースは2013年7月です。
おそらく一つのOSが5年程度は十分仕様できるのでは?と推察します。

仮に、リリースから5年程度andoroid 6.0が使えると考えると、2020年10月くらいまでは大丈夫そうです!
東京オリンピックまでもつかも!?

荒技として、root化して、android 7以降のカスタムROMを入れるという方法があります。これもありかなと思うのですが、実は以前nexus 7 (2012)にLilipopのカスタムROMをいれた経験があり、これはかなり動作がもっさりしてしまった経験をしました。
Google先生が「アップデートを打ち切る=新OSでは端末に無理がくる」ってことかもしれません。

後継機候補はいるの?

個人的には一度ピュアアンドロイドを経験すると、他の端末にはかなり抵抗があります。
なので、ねらい目は最近発表されたPixel 3か、またはandroid one シリーズのどちらかでしょう。
といっても、Nexus 5が元気なので、しばらくは必要ありませんが(たぶん)。

最後に

上記のようにNexus 5をかなり気に入っています。
後継機を購入しても、サブ機または、子供のおもちゃとして利用したいとおもっています。こんなに素晴らしい端末は今後現れないかもしれません。

最後まで読んでくださってありがとうございました。


あわせて読みたい




その他の記事一覧はサイトマップ
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿