歯科助手=女の職場の人間関係にうんざり。対処法は?

歯科助手女社会職場人間関係うんざり

歯科助手の仕事の特徴として「女性が多い」「女ばかりの職場」で働かなければならないというものがあります。

実際、個人の歯科医院では、歯科医師以外は全員女性ということもざらにあります。

よく、女性が多い職場は人間関係が難しいといわれますが、歯科助手の職場はその典型。

狭いクリニックに数人の女性ばかりが集まって毎日顔をあわせます。

実際、歯科助手の仕事は好きだけど、女ばかりの職場の人間関係にうんざりして辞めたい、と嘆いている人もいますね。

歯科助手は割と人気のある仕事ですが、離職率も高く、「女ばかりの職場の人間関係が辛い、疲れた」というのが離職理由の上位に入ってきます。

本記事では、歯科助手の職場における女性同士の人間関係について整理していきます。

また、そんな女性ばかりの職場で歯科助手をやるにあたっての注意点や、職場の人間関係にうんざり、疲弊してしまわないための対処法についても解説しておきます。

下記のような歯科助手さん、歯科助手志望者の参考になれば幸いです。

・現役歯科助手で、同僚女性との人間関係に悩んでいる、うんざりしている人

・歯科助手の仕事に興味があるが、女性ばかりの職場でやっていけるか不安な人

・過去に、歯科助手で「女の職場の人間関係」で精神的に辛かった経験のある人



【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きます)


歯科助手は女の職場!人間関係は難しい、うんざり


冒頭でも書いたように、「歯科助手=女性の職場」です。

歯科医院で勤務しているのは、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手ですが、歯科衛生士も歯科助手もほとんどが女性です。

歯科衛生士の場合ですと、2014年の調査では約87%が女性です(出典:はたらいく,2014年1月~6月の調査

近年では男性歯科助手も増えていますが、まだまだ女性ばかり。

歯科助手はさらに女性が多いですので、まさに女ばかりの職場。

「歯科助手・歯科衛生士の女ばかりの人間関係がきつい」

「歯科助手は女性同士の人間関係が厳しく、ちょっとしたことで、陰口や嫌味の対象になる」

「まさに女の職場って感じで、二度とやりたくない」

「歯科助手は、女性の職場で、派閥があったりして、面倒くさい」

こういったコメントをよく目にします。

実際、歯科助手に限らず、女性が多い職場である看護師や薬剤師、あるいは女子校なんかでは人間関係がシビアです。

もともと仲の良かった女性どうしが、些細なことで人間関係にひびが入ったり、
特定の女性が急に陰口や悪口の対象になったりします。

無視やいじめも多いため、ターゲットにされないように気を遣ったり、「派閥」を作ったり所属したり大変なんです。

 もちろん、全ての歯科医院がそういった状態にあるわけではありません。

それぞれ病院のカラーや、院長のキャラクターによって、女性ばかりの職場なのに歯科助手や歯科衛生士さんが楽しく和気あいあいと働いていることもあります。

結構「当たりはずれ」があって、運次第です。

人間関係がカオスな歯科医院に就職してしまったら、運が悪かったとしか言いようがありませんね。


女の職場で人間関係が難しい理由


「女の職場」である歯科助手の現場で、どうやったら人間関係に悩まずに過ごせるのか。

それにはまず、そもそも女性が多い職場で人間関係が難しいのかを整理しておかないといけません。

前項で書いた、「悪口」「陰口」「無視」「嫌がらせ」といった行為をする側の原因、根底にあるものはその人の「劣等感」あるいは「嫉妬」「対抗心」だといわれています。

心の奥では、「自分に自信がない」人がいます。

そういった人は、職場などのコミュニティでの立場を維持するのに必死になるのです。

・自分よりも優秀で仕事ができそう

・自分よりも外見が良い(若い、スタイルが良い、男性ウケしそう)

・自分よりもコミュニケーション能力が高い

・自分よりも私生活が充実している(結婚して幸せそう、羨まれる恋人がいるなど)

こういった「自分にはないものを持っている」とか「自分よりも優れている」人に対して、「劣等感」あるいは「嫉妬」「対抗心」を持ち、貶めるために「悪口」「陰口」「無視」「嫌がらせ」といった行為を始めます。

表面上だけでも相手よりも優位に立ったり、見下したりしたい、という心理ですね。。

また特徴として、こういったいやがらせ行為は、周囲に「男性の目」がる場合、抑制されます。

男性が近くにいる=異性の目を意識するのです。

歯科助手は特に「女の職場の人間関係」の取り扱いに注意が必要


「気の合わない女性の同僚なんか避ければいいじゃないか」と感じる人がいるかもしれませんが、歯科助手の場合、そう簡単ではありません。

歯科助手の場合、チームプレイで動かないといけない場面も多く、一人で黙々と仕事をすればいいというわけではありまえん。

狭い歯科医院内で一日過ごすので、顔を合わせないようにすることは不可能ですし、険悪な人間関係は他のスタッフにとっても気持ちの悪いものです。

また歯科助手の場合だと、立場が上の歯科医師と仕事をしますので、気が強い女性が多く、関係がこじれるとかなりきついかと。

女の職場の人間関係にうんざり:歯科助手の対処法は?


歯科助手として平和に仕事をしていきたいなら、こういった「女の職場の人間関係」問題を回避したいところ。

で、対処法なんですが、基本的には、下記の2つのポイントに注意しておくことになります。

・職場での女性同士の人間関係悪化を予防する

・人間関係がすでに悪ければ、受け流す・気にしない


歯科助手同士の人間関係悪化を予防するポイント


すでに書いたように、女性が多い職場での人間関係では、「嫉妬心」や「対抗心」から相手を見下してやろうという意図が存在しています。

そのため、女性ばかりの職場である歯科助手同士の人間関係悪化を予防するポイントは、下記の二つになります。

そもそも「嫉妬心」や「対抗心」を持たれないようにする


女性の多くは、コミュニケーション能力が高く、女性ばかりの職場では男性と比べて会話が多いです。
ついついプライベートなことや、自身の考えを発信しがち。

会話することでストレス解消になる側面もあるのですが、女性が多い職場であまり情報を出しすぎないことが重要。

特に、相手の「嫉妬心」や「対抗心」を引き出してしまうような、「リア充」な情報は危険です。

「こちらの情報を出さない=嫉妬される情報を与えない=嫉妬されない」という構図が作れます。

会話して、仲良くなりたい気持ちをぐっとこらましょう。

聞き役に徹するのも賢い選択です。

相手が「見下す」ための材料を与えない


もしも、誰かが「嫉妬心」や「対抗心」を持っている場合、相手は陰口や悪口を言って劣等感を解消したくてたまりません。

いわゆる「見下すための材料」を探しています。

そのため仕事でのミスや失敗をすると、格好のネタになってしまいます。

些細なことを10倍も100倍も責められてつるし上げに合うことも。

・誠実に、一生懸命仕事をする

・自分が、やるべき作業は素早くこなす

・覚えるべき手順や情報はきちんと頭にいれる

こういった基本的なことをおろそかにしないようにしましょう。

歯科助手で人間関係がすでに悪ければ、受け流す・気にしないことも重要


すでに人間関係が悪い女の職場で歯科助手をやっていて消耗している、嫌がらせのターゲットになっている場合は、「受けながす」「気にしない」ことが重要。

私の知る限り、一度険悪になった女性同士の人間関係は、改善することはありません。

職場の人間関係の問題は、会社だったら上司に相談するのもありですが歯科助手の場合、唯一の男性であり、上司であるのは歯科医師かと思います。

でも、ぶっちゃけ歯科医師は、こういった職場の人間関係のマネジメントは不得意な人が多く、解決に動くことはないでしょう(会社員としての経験もなく、狭い業界で生きてきた人が多いので)。

結局、陰口や嫌味を言われてもされても気にしない、受け流すしかありません。

簡単ではないですが、歯科医院という狭い、小さな世界の話です。

人生のごくごく一部である、「職場」での話です。

過度に気にしてストレスをためて、心身に悪影響を及ぼすほど大事なものではないはず。

お金のためを割り切って、淡々と業務をこなす、あるいはいっそ見切りをつけて転職してもいいでしょう。

「解決したい」

「仕返ししたい」

こういったことを考える必要はありません。

また、間違っても一緒になって誰かの悪口をいったりしないことです。

自分を下げてまで、溶け込む価値はその職場にはないでしょう。


歯科助手=女の職場の人間関係にうんざり。対処法は?【まとめ】


以上、歯科助手の職場でよく聞く「女社会における人間関係の問題」について解説しました。

歯科医院によってはかなり雰囲気の悪いところもあると聞きますし、そういった職場で働くのは苦痛ですよね。
ましてや、ターゲットにされたらたまったもんではありません。

対処法としては、下記のように「職場での女性同士の人間関係悪化を予防する」ために気を遣うのがとても重要です。

・女性の同僚から「嫉妬心」や「対抗心」を持たれないようにする

・「見下される」ような材料を与えないようにする

そして、人間関係がすでに悪ければ、受け流す・気にしないといったマインドを意識しましょう。

最悪の場合、きっぱりと転職など別の環境に移ってしまうのも全然OKです。

ぶっちゃけ、女性ばかりにも関わらず、歯科助手の職場の人間関係が良好なところもたくさんありますから。

 歯科医院によって当たり外れがかなりある印象です。

人間関係の悪い職場では、無理に解決しようとしたり、溶け込む努力なんかする必要ないんですよ。

それでは。


あわせて読みたい


歯科助手の通信講座口コミは信じない方がいい理由とおすすめ講座
歯科助手は辛い、辞める人が多い:辞めたい理由・言い訳とタイミング
その他の投稿記事一覧はこちら

よろしければtwitterフォローお願います