遊覧船で行く七ツ釜鍾乳洞:天然記念物に大人も子供も大興奮(佐賀県唐津市)

佐賀県唐津市に天然記念物指定されている名所があるのをご存知でしょうか?
私も大好きな場所「七ツ釜鍾乳洞」です。
家族連れカップルにもおすすめの絶景スポット。
断崖の玄武岩を、玄界灘の荒波が削り取ってできた自然の洞窟の荒々しい壁面と、透き通るエメラルドグリーンのコントラストに圧倒されます。
小型遊覧船にのって、洞窟内まで入って観光することができるため、むき出しの岩肌を間近で観察することができます。
イタリアの青の洞窟の佐賀県版といっても過言ではないです!







【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 (別タブで開きます)
にほんブログ村 にほんブログ村

人気ブログランキング(別タブで開きません)

絶景の天然記念物指定鍾乳洞

佐賀県松浦半島の北側には、唐津市が誇る天然記念物七ツ釜鍾乳洞」があります。
玄武岩でできた断崖には、玄界灘の荒波によって自然に削られてできた洞窟があり、絶景です。
大自然が作った素晴らしい芸術に感動すること間違いなし。
ちなみに海水によって浸食されてできた洞窟が7つあるので、「七ツ釜」と呼ばれているそうですが、実際には7つ以上の洞窟が存在しています。

遊覧船から間近で見る岩肌と洞窟内のコントラストが神秘的

陸上から見ることができますが、船であれば洞窟内まで入って、間近で見学することができます。
私も何度か言ったことがありますが、浸食された岩肌は、岩石が幾層にも重なって連なった構造をしており、何とも言えず、神秘的でした。
始めていった時は少し天候が悪かったのですが、二度目は天気のいい日を狙ってリベンジしました。
天候が良ければ、洞窟内の海水は非常に透明度が高く、海底まで見通すことができますよ。
透き通ったエメラルドグリーンの海水と、岩肌がむき出しの洞窟内の壁や天井とのコントラストに圧倒されます。

青の洞窟(イタリア)にいった気分になれますwww
思わず写真を撮るのを忘れてしまうほど。
地球の生命力、大自然の力ってすごいですね。

ベストシーズンは春~初夏、大人カップルは冬場もOK

海が荒れていなければ一年中観光できますが、個人的にベストシーズンは春から初夏にかけての気候が良い時期です。
洞窟内で遊覧船のデッキに出て、直接岩肌を観察する機会があります
船の上は風があると少し肌寒く感じますので、薄手の上着を持っていったほうが良いと思います。
駐車場から少し歩くので真夏は結構厳しいかもしれません。

一方、少し寒いですが冬場の天気のいい日は一年で最も海が透き通って見えます。
寒いので、お子さん連れであれば難しいですが、カップルや友達同士の旅行であればあえて冬場を狙ってもいいですね。
冬の方が遊覧船も空いてます。





マリンパル呼子の遊覧船で

イカ丸で迫る大自然の神秘

七ツ釜鍾乳洞を間近で見るためには、マリンパル呼子から出ている遊覧船イカ丸を利用します。
マリンパル呼子からはもうひとつジーラという遊覧船が出ていますが、こちらは七ツ釜鍾乳洞の近くまで行きませんので注意してください。

ちなみに、呼子の朝市も徒歩圏内です。
このエリアだけで一日満喫できるおすすめスポットですね。

イカ丸は小さな船ですが、洞窟にぶつかりそうになるくらい近づいてくれますのでスリルと壮大な景観を堪能できます。
船長の操縦テクニックにも感動しますwww

七ツ釜の洞窟の前にきたところで、船先端のデッキまで出ることができます。
(乗客が多い時は交代になります)
大自然が削った玄武岩の岩肌と青い海に感動です。

イカ丸運行状況

イカ丸遊覧の所要時間は約40分となっています。

基本は朝9時30分ころから16時30分まで、1時間おきに船が出ています。
(季節によって変わるので、ホームページまたは船着き場で要確認)
ただし、天候不良などで欠航となることもあるので、事前に確認することをおすすめします!
ジーラと比べると小型の船になるため、船酔いしやすい人や波が高い日は注意してください。

イカ丸乗船料金

料金は大人1600円、子供800円、幼児は大人一人につき無料。
(ジーラより少しお安めです。)

また、HISのクーポンやJAFの優待で10%割引可能ですので、事前にチェックしておきましょう。





交通アクセス

マリンパル呼子までは、バスまたは自動車でアクセスします。
他県から電車で向かう場合はJR唐津駅からバスまたはタクシーを利用することになります。30~40分ほどです。
マリンパル呼子目の前の市営駐車場が利用できますが、ゴールデンウィークやお盆などの混雑するシーズンはしばらく待つ場合があります。
少し歩きますが、体力に自信があれば、近隣の呼子の朝市通り駐車場の利用もありです。


【ふるさと納税】a-24 塩麹漬 佐賀県産鶏

最後まで読んでくださってありがとうございました。


あわせて読みたい


  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント