【デメリット?】ホワイト企業に転職して10年で失ったもの

ホワイト企業で就業できるひとは幸運です。でも失うものもある

ブラック企業の劣悪な就業環境、法令違反が社会問題としてすっかり認識されつつありますが、いまだに、多くの人が不利なが抜け出せずに苦しんでいるようです。

また、ブラックレベルではなくとも、法令違反すれすれの環境で労働者をこき使う、ハラスメントが横行するグレー企業も数多く存在しています。

その一方で、ホワイトな職場に就職できた、あるいは転職することができた人たちは非常に幸運といえるでしょう。
私もかつてはグレー企業らしきところで勤務していましたが、10年ほど前に現在のホワイトな職場に移ることができました。

残業なし、福利厚生充実、ハラスメント無しの環境で、専門職ということもあってか過度なノルマや精神論的な自己啓発などを強要されることもなく、ぬくぬくと生きています。
おかげでこうしてブログを書くこともできています。

そんな幸せな状況にあるのですが、この10年余りで失ってしまったものがいくつかあることにきづきました。 


目次
  • 転職してキャリアアップしようという意欲
  • 会社への不満という謎のエネルギー源
  • 仕事への(過度な)意欲
  • 職場のメンバーとの一体感 
  • グレー企業時代の友人との関係
  • まとめ

転職してキャリアアップしようという意欲

かつての職場は現在と比べると賃金は低かったです。
そのせいか、周りの同僚や先輩達は、毎月ある程度の残業をして給与を補填していたし、そのまま出世したところで対して昇給もしないと解っていました。
現職で経験やスキルをつけて、もっと給与のいい会社に転職したいと考えるひとも多かったです。
私も漠然と、いくつかの会社を経てステップアップしていくか、あるいは当時の給与で満足して過ごすキャリアのどちらを選択するか?ぼんやりとですが考えていました。
しかし、いざ転職して、現在の職場に来ると、給与含めた待遇・環境に満足してしまい、再度転職する気が全く失せてしまっています。

本当は、年齢的には、もっと違う領域での経験を積んだり、さらに待遇の良い職場を目指す向上心が必要なのかもしれませんが、どうもそういう意欲を失ってしまっています。
新しいことにチャレンジしてリスクを取ることを、とても恐れるようになってしまったのです。


会社への不満という謎のエネルギー源

給与が低かったり、上司に不満があったり、不毛な仕事をさせられたりと、会社への不満を抱えることは珍しいことではありません。
それがあまりに多いとストレスとなるのですが、逆にそれがないと、さらっとした、エネルギーの充足していないような感覚になります。
負のエネルギーといいましょうか。
忙しくて、残業ばかり、時々職場で怒ったりしているひとって何となくエネルギーにあふれて、ぎらぎらしていると思うのですが、それがありません。周りの同僚もそんな人が多いです。
身体にはいいのかもしれませんが、なにか、仕事以外で熱中、アツくなれることが必要になってきます。

仕事への(過度な)意欲

ホワイトな職場では、やりたくない仕事や理不尽な仕事をさせられる機会が少ないため、意欲を振り絞って頑張るっていう機会がすくないです。
その状態が続くと、漫然と、やる気の有無を意識することなく、やるべき仕事を淡々と行っていくことになります。
個々の仕事、業務に対して「好きでやっている」か「嫌だけど我慢してやっている」かを意識することがなくなってくるので、最終的には自分その仕事が好きかどうか?がわからなくなります。
給料も良いし、社会的意義もあるし、やってる…って感じの、すごくあっさりした感情で仕事をすることになります。
これが良いことなのか?悪いことなのかはわかりませんが。
(現在進行形でワークホリックなひとには良いことですが)

職場のメンバーとの一体感 

ホワイトな職場にいると、会社への不満が少なく、また、就業後に飲みにいくこともありません。
「終業後に、同僚と飲みに行って、会社の愚痴を言い合う」のが好きな人って結構いるんじゃないでしょうか?
そういう場でお互いの絆や信頼関係を深めていくタイプの人は、職場メンバーの一体感がないと感じるでしょう。
私は飲み会が特別好きなわけではありませんが、いざそういう場が極端にすくなって10年も経つと、前職では確かに同僚や同期との一体感は感じていたなあ…と思います。

グレー企業時代の友人との関係

前職の時代は、同期がたくさんいましたし、他社に勤務する友人とも良くあっていました。
特に同期メンバーとの関係は良好で、前職の動機がいまだに飲み会に誘ってくれます。
ただ、職場の現状や愚痴、キャリアについて酔っぱらって話をするのですが、「そっちはどう?」と聞かれたとき「いやー、似たようなもんだよ」って答えてしまいます。

実際は転職することで、前職の待遇や、環境などの悪いところ、問題点ばかり認識してしまっているのですが、それを言うとただの自慢話または、同期の意欲を削ぐことになってしまいます。

昔のように、同じ環境で、共通言語で語り合ってた当時の関係ではないことをはっきりと認識しています。
これはじつは、結構な寂しい気持ちになります。


まとめ

以上のように、ホワイト企業に転職して失ったものがありました。
とはいえ、それをうわまわるメリットはありますし、時間がある分、子供たちとの時間をもつこともできます。
現職で苦しんでいる多くのひとが、よりホワイトな職場に転職することができることを願っています。

では。

最後まで読んでくださってありがとうございました。


あわせて読みたい


社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 1 (電撃コミックスNEXT)
by カエレバ



ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿