東名あおり事故、初公判 石橋和歩が無罪になる日、有罪は難しい?:裁判のポイント

あおり運転夫婦死亡事件:石橋被告に反省の色なし。初公判と判決は


2017年6月に東名高速道路で発生した、あおり運転に起因するトラック追突事故。

石橋和歩被告は、この事故であおり運転を行い、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの疑いで逮捕されました。

現在、事件について公判が行われています。

事件発生時、石橋被告は、夫婦と娘2人を乗せた乗用車に対し、因縁をつけ執拗に危険なあおり運転を繰り返しました。

挙句の果てに、高速道路の追い越し車線に無理やり停車させ、夫婦を車内から引きずりだします。
当日、雨で視界が悪かったこともあり、不幸にも後続のトラックが夫婦の車の衝突。
車外に出されていた夫婦が二人とも亡くなっています。

一方石橋被告は軽傷。
残された娘さんたちを思うと胸が痛みます。

事件直後からまったく反省の様子なし

すでに報道で多くの人が知っているかもしれませんが、石橋被告は事件直後、自らが事故を誘発したことを隠していました。
それどころか、あおられたのが自分のほうであると堂々と報道機関のインタビューに答えています。

かなり図太い神経、倫理観が欠如しているというか。
一方で、同様のあおり行為や自動車保険金詐欺を繰り返していたそうで、保険会社のブラックリストにものっていたようです。
事件を起こす前にも、あおり運転により検挙されています。


常習犯だったのですね。
事実を隠蔽しようとしたので、量刑に考慮されてもいいのではないでしょうか。

公判直前にもあきれた態度

拘留中の石橋被告は、報道記者に対して手紙を送っています。
驚くべきことに、 「俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん」といったことを書いているとのこと。

自分が加害者となっている事件について、金銭を要求して取材に応じるとういう態度を堂々ととるというのは、あまりきいたことがありませんね。
(単なる取材拒否ならいざしらず)

こういう行動って、反省の色なしとして不利になったりしないのでしょうか?

ネット上では、報道で公開された直筆の字の汚さなどがネタになっているようですが…

 社会への影響

この事件の後、各社報道であおり運転について大きく取り上げられました。
いまでもあおり運転による記事や、コラムをよく目にすることが増えています。

ドライバーも自己を守るためにドライブレコーダーを設置する人が増えているようです。

一方で、こういう報道があるにもかかわらずあおり運転を繰り返すドライバーがいまだに多いということです。
人間は学習する動物であるはずですが…どこかに自分は大丈夫、自分だけは許されるというエゴのようなものがあるのでしょうか。

道路交通法の限界と、検察・警察の挑戦

逮捕当時、事件の悲惨さ、石橋被告の態度の横柄さから大きく注目されていました。

一方で、この手の事件につて、現在の法律上「どこまで罪を問えるか?」も焦点となっています。

間接的には石橋被告が2人の人間を殺害したも同義なのですが、直接の事故をおこしたのは追突したトラック運転手です(運転手の方も不幸ですね)。

この事件に対して、当初警察は「過失運転致死傷罪(最長で懲役7年)」の容疑として逮捕しています。

しかし、これでは量刑が軽すぎるとの判断から、より量刑の重い「危険運転致死傷罪(最長で懲役20年)」での逮捕、捜査に切り替え、なんとか起訴まで持ち込んだ状態です。

警察、検察ともにがんばりましたね。Good Job!


裁判のポイント

前述のように、この事件は「停車後」に発生した事故に対し、石橋被告の危険運転、あおり運転の罪を問えるかというのが焦点となっています。

危険運転致死傷罪は「運転する行為」が対象となっているためです。
このケースは、同罪の条文に規定がないそうです。

さらに、あおり運転によって誘発された事故について直接的に裁いた例が乏しく、このケースが今後の同様事故の判例となるでしょう。

そのため、警察・検察は、予備的訴因として「監禁致死傷罪」を適用しようとしています。

夫婦らを現場にとどまらせた行為が「監禁」にあたるという考え方です。
こちらも量刑が最長で懲役20年の罪です。

この裁判は、裁判員制度の対象となっている点も大事なポイントですね
国民感情としては、できるだけ重い罪を、というのが世論の大半のようですが…

これに対し、弁護側、裁判官がどう判断するか?注目です。

事件当時、石橋被告側の車には女性(恋人?)が同乗していたとのことですが、公判で彼女の証言があるかどうかも気になりますね。


初公判で弁護士は無罪を主張

弁護側は危険運転致死傷罪は「停車後」の事故に適用できないとして、と無罪を主張しているそうです。
これは、弁護士としての最低限、教科書どおりの反論でしょう。

国選弁護人でしょうか。
これだけ注目を浴びて、国民を敵に回した被告の弁護は大変ですね。

無罪になる可能性:無実ではないが

あまり気にしたことはないと思いますが、無罪と無実は異なります。

今回、下手をしたら石橋被告は「無罪」となってしまいます。

無実とは「根拠になる事実がないこと」ですので、無実ではありませんが、無罪の可能性があります。

無罪とは、「犯罪であると認定することができないこと」です。
適用する法律が現在ない、といった場合ですね。

今回、裁判員が「監禁致死傷罪」や「危険運転致死傷罪」を主張しても、他の裁判官が否定して無罪となる可能性もあります。
法の条文にないから…と。
不思議な話ですが。

また、一審で裁判員によって有罪となっても、上告、控訴するでしょう。
上告審、控訴審では裁判員は参加しませんよね。

専門家の見解によると、「過失運転致死傷罪」ならまだしも、「監禁致死傷罪」や「危険運転致死傷罪」での有罪確定判決にはかなりのハードルがあるようです。

 さて、どうなるでしょうか。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ