円建て定期預金で資産運用できる?ローリクス投資で利益を出すポイント

資産運用したいけど、株や外貨、FXは怖くて無理:円建て定期預金でもOK

来るべき高齢化社会にむけて、年金を含めた社会福祉予算のカット、医療費の抑制といった不安なニュース、報道を目にしない日はありませんね。

確かに、このままいけば、日本は超高齢化、経済規模の縮小は避けれ邏れず、現在の世代は、かつての世代がうけていた手厚い社会福祉の恩恵をうけることはできません。

自分年金をつくろう!
積立投資!
積極的に資産運用を!
資産を外貨に変えてリクスマネジメントを!

なんて、いわれています。

ハイリスク投資でお金が増やせるか?

実際、株を長年やっていたり、FX投資などの外貨に詳しいひとであれば、リスクをうまく管理して資産を順調に増やしていくことができます。

こういった人たちは問題ありません。
きっと現役引退後も、資産運用で利益を上げて、一部を税金として納めてくれることでしょう。
いやー、ありがたい。
助かります、これからもよろしくお願いします。

こういった投資に詳しいひとなら大丈夫でしょうが、一方で、投資と聞くとちょっと怖い、外貨なんてリスキーなもの手が出ない…ってひともおおいですよね。

彼らが、いざ重い腰を上げて、投資の勉強をしても必ず利益がでるとは限りません。
急に投資に手を出して、利益を上げ続けられるひとばかりではありません。

ではどうしたらよいのでしょう?

資産運用におけるリスクの考え方

成果を上げるために大切なことは、適切な運用資金を、適切なリスクの範囲内で運用することです。

年間1万円の利益を上げることが目標であれば、
「年利1%が見込める資産運用に100万円を投資する」方法もあれば「年間10%の利益が見込める資産運用に10万円を投資する」方法もあります。

この場合、おそらく前者の100万円を投資するほうが成功確率は高いでしょう。
一方で、後者の10万円を投資するパターンでは失敗するかもしれませんが、元手の資金は少額で済みます。

許容できるリスク範囲を考える

資産運用、投資が怖い、投資のスキルに自信がないというひとは、無理に高リスクな投資をやる必要はないと、個人的には思っています。
こういった人が「がんばって」高リスク商品に手をだしたとしても、多くの場合は資産のごくごく一部のみを、投資することになるでしょう。

ローリスク投資だって悪くはない

100万円貯金があるひとが、年利3%が見込める商品に、怖がりながら3万円だけを突っ込んだところで年間900円の利益しかありまん。

それならば、むしろ、もっとリスクの低い、たとえば元本保証型の投資商品に資産を集中させるほうが良い場合があります。

年利0.1%の元本保証型の、たとえば円建て定期預金や保険、日本国債に全額100万円を投資すれば年間1000円の利益を、かなり安全に得ることができます。

メガバンクを始め、銀行の定期預金の金利が0.01~0.1%未満という、超低水準を長年維持していますが、ネット銀行のキャンペーン等を利用すれば0.1% ~ 0.2%程度の金利の定期預金は存在しています。

利益を出すポイント

0.2%金利の定期預金に2000万円投資すれば、年間4万円の利益となります。

ローリスク投資先であれば、ガツンと資金を投入することでローリターンという弱点を補うということです。

漠然と、投資ってこわいなって感じている人は、ローリスク商品に着目して、
どこまで投資していいか?
どういうリスクマネジメントの方法があるのか?
をじっくりと研究してみるのもありだと思います。(たとえば、定期預金は銀行倒産のリスクまで言い出すときりがありませんが、複数口座に資金をもつことでこれもカバーできるはずです)

そして、もう一つは、しっかり節約して資金をコツコツと貯めないといけません。
ハイリスク商品は大損する可能性がある代わりに、少ない資金で成果を狙えます。
ローリスク派はその逆です。
コツコツ倹約、そして本業頑張るもよし、副業やるもよし!

では。

最後まで読んでくださってありがとうございました。


あわせて読みたい



ブログランキング・にほんブログ村へ