消費税増税後に期間限定で政府がポイントバック5%分?いつから?いつまで?

2019年の消費税増税と同時に、キャッスレス決済に限り5%のポイントバックか?

消費税の増税が2019年10月に予定されています。
2018年時点で8%の消費税が10%にとなり、2%分の負担増となります。
(ただし軽減税率導入により、一部の商品やサービスについては8%のまま)

現在政府は、増税にともなう景気の落ち込みを防ぐために、様々な対策案を検討しているところです。
下の記事で書いたプレミアム商品券もそのひとつ。

消費税増税10%!プレミアム商品券はいつもらえる? 何に使うか考えてみた【 注意するポイント】

消費増税後の景気対策はプレミアム商品券!使い道は何がいい? 先日発表された2019年10月からの消費税10%導入。 政府はこのままでは、消費の冷え込み、そして経済リセッション入りがあることを懸念して、景気刺激策を検討しているようです。 下の記事でも書きましたが、その...
そして、もう一つの対策として検討されていた「キャッスレス決済の際のポイント還元」について、内容が明らかになってきました。


目次
  • ポイント還元の対象
  • 政府の狙い
  • 金持ち優遇と批判もある?
  • ポイント還元率
  • 何のポイントがもらえるのか?
  • 期間限定です。いつからいつまで?


ポイント還元の対象

キャッスレスによる決済をした際に、購入価格に対して一定の割合をポイントで還元するという案がでています。
具体的な対象は発表されていませんが、おそらくクレジットカード、楽天Edyや交通系の電子マネーが対象になると思われます。
amazon等の購入もクレジットカード決済をしたら対象になるのでしょうか?

政府の狙い

最大の目的は、消費増税後の景気の冷え込みでしょう。
また、増税前の駆け込み需要による混乱を避ける効果も期待できます。
プレミアム商品券の導入も検討されていますがこちらは所得制限や子育て世代に限定する方向で調整されているため、不公平感を無くしたいという側面もあるのかもしれません。

加えて、日本は主要先進国の中でもキャッスレス決済の普及が遅れているとされています。
他の先進国では購買活動のみならず、納税(徴税)などの公的サービスもキャッスレス化がすすんでいて、決済にともなうコスト削減がすすんでいるそうです。
政府としては、ついでに日本でのキャッシュレス化を促進したい思惑があるのでしょう。
まだまだ日本には、現金主義の人も多いですからね。
高齢者には苦手なひとも多いでしょう。
本格的な高齢化が進む前にキャッシュレス化を進めておいたほうがいいかと思います。

金持ち優遇と批判もある?

1点きになるのは、この制度、購入額に応じて政府からの還元を受けることができます。
つまり、ふるさと納税と同じく、元本が多いほうが得する制度です。
金持ち優遇制度だ!なんて批判する声がいつものようにでてきそうですね。

プレミアム商品券で低所得者はフォローしているのでそのあたり、うまく政府が交わしてくれるといいのですが。美味しい制度なので。

ポイント還元率

2018年11月22日付けの報道によると、政府は還元率を5%で調整する方向で検討しているとのこと。
増税分の2%程度かと予想していたのですが、これはかなりのインパクトです。
実質消費税が10%-5% =5%となるのですから、むしろ減税じゃあないですか!

何のポイントがもらえるのか?

還元されるポイントは何?Tポイント?楽天スーパーポイント?

おそらく、政府のオリジナルポイントになるかと思います。
Tポイントや楽天ポイントに変換できたら使い勝手もよくいいのですが…
さてどうなるでしょうね。

期間限定です。いつからいつまで?

残念ながら、報道によると恒久的な制度ではないようです。
増税後の2019年10月から開始して2020年の東京オリンピックまでの9カ月間というのが有力です。

下の図のように、2019年10月までは8%、その後東京オリンピックまで実質5%、オリンピック後には10%になりますね。

うーん。
これだとポイント還元制度終了とオリンピック終了が重なってしまうので、この時の景気の冷え込みが大きくなりそうで心配ですが。

5%還元は美味しい

とはいえ、やっぱり5%還元は大きいですね。
キャッスレス決済で買えるものであれば、むしろ増税後からオリンピックまでに買っておいたほうが良いということになります。楽天やYahooなどの他の大手ポイントサービス提供各社も便乗して、同じ時期にさらに上乗せ還元キャンペーンとかやりそうですね。
このあたり注目です。

では。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

その他の記事一覧はサイトマップ


ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿