格安SIMキャンペーンは節約になるか考えた

格安SIMはMNPで乗り継いだらどれくらいお得か?


皆さんのスマホはMVNO回線、通称格安SIMをお使いでしょうか?

格安SIMは、大手3大キャリアと比較して速度や通信の安定性、サポートの面で劣るとされていますが、一方でその魅力的な料金で徐々に日本でもシェアを広げています。

最近の調査では、大手キャリアの月あたり支払額は、格安SIM利用者の2.78倍であるとの調査結果も出ているようです。

私も5年ほど格安SIMをスマホのメイン回線として使用しています。
以前は日本通信(b-mobile)を契約していました。
今はmnpしてOCNモバイルONE を利用しています。

月額料金は通話料含めて2000円弱です。
ここ1−2年で、他のMVNOもがんばっているようで気にはなっているのですが、元々いまの月額料金が安いため、乗り換える料金的メリットが目立たず、現状維持が続いています。
果たしてこのままでいいのか、他のMVNOに乗り換えた方がいいのか?
特に各社のキャンペーンを利用したらどうなるか?
料金面に絞って考えて見たいとおもいます。



目次

  • OCNモバイルONE(現状)
  • mineo(マイネオ)のキャンペーン
  • LINEモバイルのキャンペーン
  • HISモバイル(番外編)
  • 結論




OCNモバイルONE(現状)

現状の契約:
プラン 音声通話+データ通信110MB/日
有料オプション なし
月額料金 1600円(税抜) +通話料

音声通話最安値クラスのプランです
このことから、乗り換えでアドバンテージを得るには、
各社のキャンペーン利用またはさらに月額料金が安いプランを狙う必要があります。

mineo(マイネオ)のキャンペーン

最近人気のmineo。
下記の記事で書いたように我が家では固定回線代わりに愛用しています。

自宅の固定回線代わりに格安SIM回線に切り替えて3年以上が経過した話

自宅の固定光回線を解約し、格安SIM回線で運用を始めて無事3年以上が経過した いまどき自宅のインターネット回線は必須ですよね。 我が家でもちゃんとwifiが飛んでます。 でも実は、光の固定回線ではなく、 格安SIM を使ったモバイル回線を主回線にしているんです。 も...


こちら、現在「333キャンペーン」というのをやっています。
6ヶ月間基本料金から1067円の割引(最安プランで333円/月)となります。
いまのOCNのプランと同等をねらうのであれば3GB/月のプラン(月額基本料金1600円)ですね。
mineoは速度切り替えも可能ですので十分でしょう。

料金:キャンペーン期間中の6ヶ月間はは533円/月です。
1067✕6=6402円お得ですね。
うむうむ。

ただしここにmnp転出手数料と、mineoの契約に伴う事務手数料が必要です。
mnp転出手数料:3000円
事務手数料:amazonでエントリーパッケージを購入した場合355円

すなわちmineoの333キャンペーンを利用してOCNからmnp乗り換えすると、
6402-3000-355=3047円となります。
mineoは最低12ヶ月の利用をしないと解約手数料を取られてしまうので12ヶ月利用するとしたら、乗り換えによる年間節約額が3047円(始めの1年間)ということになります。


LINEモバイルのキャンペーン

ここは、現在スマホ代月300キャンペーンというのをやっています。
6ヶ月間基本料金から900円の割引となります。
LINEモバイルは1GB/月のプラン(月額基本料金1200円)しかありません。

キャンペーン期間中の6ヶ月間は300円/月ですみます。
OCNモバイルONEとの差額1300円✕6=7800円お得ですね。

さらにキャンペーン期間後は月額料金が1200円とOCNの現プランよりも安価ですので、7~12ヶ月目は、1か月あたり1600円-1200円=400円節約になります。
6カ月分で400円✕6=2400円節約が追加されます

ただしここにmnp転出手数料と、LINEモバイルの契約に伴う事務手数料が必要です。
mnp転出手数料:3000円
事務手数料:amazonでエントリーパッケージを購入した場合373円

すなわちこのキャンペーンを利用してOCNからmno乗り換えし、12カ月利用すると、
7800+2400-3000-373=6807円となります。

12ヶ月利用するとして、年間節約額が6807円(始めの1年間)です。

ただしデメリットは月あたり高速通信が1GBになってしまう。
そして、速度切り替えができないので、かなり気を使いながら1カ月過ごすことになります。

HISモバイル(番外編)

番外編として、キャンペーンは実施していないのですが、HISモバイルが提供している音声通話プランが格安です。
あまりネット上で報告はないのですが、バックに日本通信がついているようですので、速度はそこそこでしょう。
ドコモ回線の500MB/月+音声通話プランが月額945円です。
極限まで削るとこれになりますね。

12カ月利用したらOCNとの差額1600円-945円=655円分が毎月節約されます。
ただし、mnp転出手数料3000円とHISモバイルとの契約事務手数料3000円がかかります。
655円x12 - 3000円-3000円=1860円

12ヶ月利用するとして、年間節約額が1860円(始めの1年間)です。

結論

計算してみたところ、もともとMVNOを使っているとキャンペーンを利用してもあまり節約にはなりません。
今のOCNモバイルONEを使えば、050plusの基本料金が無料になります。また容量シェアのSIMが400円/月で利用できるなど利点があります。

ただし、年間数千円の節約は可能ですので、手間を度外視すれば、「一年使って、その時点で実施している別MVNOのキャンペーンを利用して再度mnp転出をしていく」といったことを続けていって、数年間のトータルで、または複数回線契約者であればある程度意味があるかもしれません。


最後まで読んでくださってありがとうございました。

その他の記事一覧はサイトマップ

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿