「飲み会で風俗の話が普通にされていた」記事を見て思うこと

飲み会で下ネタやコンプライアンス上問題がある話題が許される会社ってどうよ?

先日下記の記事を目にしました。
「新入社員だけど、飲み会で風俗の話が普通にされててびっくりした」

記事を要約すると、以下の感じ。

とある、会社での飲み会での話。
東南アジアに駐在や出張することが多い部署で、一部の男性社員はその際に現地で買春をおこなっているらしい(合法、非合法は不明)。
問題はそのことが、平気で話題になって飲み会で、面白おかしく笑いのネタになっている点。
当然その場に、そんな話題を好まない女性社員や、他の男性社員もいるのに、誰も疑問をもたずに平然と会話が続いていくのが疑問でならない。誰も咎めようともせず、自然に受け入れられているように見える。
記事の投稿者は、同期や同僚に相談するも、共感は得れれるも、皆なんとなく現状を仕方ないものとして受け止めている様子に違和感を感じる。

今でもこういう会社あるんだな、まったく男ってやつはと思い、読み流そうかとおもったのですが、少し、その会社やその場にいる男性社員の心理について考えてみました。


目次
1. 業種による?
2. ブラック企業かも?
3. 男性社員の心理
4. 飲み会の目的は何か?
5. とりあえず今時ヤバいのは間違いない



業種による?


「こんな話どこでもあるよ~」という人と、「うちはそんなことないよ、考えられない」っていうひとがいると思います。

私の経験だと、これについては、会社全体のの倫理観というか、「ルールを守ろう」とか、「正しいことをしなきゃ」っていう意識がどれだけあるかが結構影響している印象です。
これって、業種によるんだと思います。

たとえば行政から常に何らかのルールを課せられて、破ると怒られるような業界だと、その他のルールや社会規範に従わないとっていう意識が自然と高まりますし、割と自由に、型破りなやり方でないと成り立っていない業界だとルールに無頓着になります。

ブラック企業かも?

あとは、会社のブラック-ホワイト度がある程度影響するでしょうね。

ルールや社会の流れに鈍感であればあるほど、どうしてもブラック企業のように労働条件の順守や公平な評価も優先順位が下がりがちです。
ブラックまでとはいかなくても、グレー企業(オフホワイト企業)なのかもしれません。

男性社員の心理

飲み会の場には、男性社員が多くいたことが想像できます。

そこで年配社員や若手社員が何を考えていたかです。

その場にいたであろう年配先輩男性社員世代は、単純に記事にあるようなやり取りがセクハラやコンプライアンス上の問題になりうることを理解していないのでしょうね。

ただし、いまどきの、最近の若い社員であればその話題に問題があることは頭では認識できたはずです。

では、なぜ、ほかの男性社員に追従したのか?疑問を提起しないのか?

飲み会の様子から察するに、「会社の飲み会=笑いをとらないといけない」という観念に縛られている、職場がそういう雰囲気になっているということに尽きると思います。
これっていわゆる体育会系のノリじゃないでしょうか?

体育会系のノリって、一部の業種では重宝されますけど、割と弊害もあると思います。
特に今の時代は、総合するとデメリットの方が多いんじゃないでしょうか?

おそらく、若手男性社員にとっては別に下ネタである必要はなかったんだと思います。
別にエロい話がしたかったわけではないんでしょう。

でも笑いを取らないと先輩に仲良くしてもらえない、仕事できないやつだと思われる。
下ネタだけどてっとり早く、笑いがとれる。

なんていう思考回路があったんでしょう(これって男だけの心理かも?野生の?群れのおきてに従う、リーダーの顔色伺う、みたいな)。
個々の能力よりも、人間関係で評価や社内の立ち位置が変わってしまう職域ではありがちですね。

飲み会の目的は何か?

「会社の飲み会」というものの位置づけ、何のためのものか、という認識の問題ですね。
みんなを笑わせないといけないんですか?YesかNoか?

実際、私の職場の飲み会では、「全員をどっと笑わせてウケをねらう」なんて習慣はありません。みんな4-5人の少人数のテーブルでそれぞれ世間話や、趣味、家族の話をしますよ。爆笑なんて必要ないし誰も求めていません。

とりあえず今時ヤバいのは間違いない

投稿者さんは、これって普通なんだろうか?みたいな疑問を持っているようですが、まー普通かどうかは別として、今時この状態の職場はやばいですね。

少し前にバスケットボール日本代表の4人が、ジャカルタで買春、謝罪会見と代表認定取り消しになったニュースありました。

もはや、こういった不祥事が社会的にNGなのは明らかです。

それを面白おかしく、職場の飲み会で話すなんてまともな環境ではないでしょうね。

こういう場合、結局問題は会社や組織の雰囲気、あり方の問題で、個人ごとにいくら教育をしても効果はないでしょう。

実際職場にいる人にできる対策としては、その場に居合わせないように、もしい合わせたたら、からまないようにする。
巻き込まれますからね。
ただし管理職であれば、その場にいるだけで制止する責任が発生しますから、極力飲み会自体に参加しないことが必要になります。

私も気を付けます。
では。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

その他の記事一覧はサイトマップ

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿