逮捕はまだか?樋田淳也容疑者逃走中!市橋達也との比較

本記事は2018.08.25時点で書いています


こんにちは

リーぱぱです。

当ブログで、大阪富田林署から拘留中に逃走した樋田淳也容疑者について記事を書かせていただいています。


樋田淳也容疑者


過去記事:
富田林警察署大失態 ついに逮捕か、樋田淳也容疑者逃走中
https://whitepapablog.blogspot.com/2018/08/blog-post_23.html

樋田淳也 逃走事件 逮捕はいつ?特性・性質まとめ
大阪府警および近隣県の警察官が賢明に捜査していますが、いまだ犯人逮捕の報道はありません。汚名返上していただきたいものです。

逃走からすでに時間が経過しており、大都市圏に移動しすでに安全に潜伏しているのでは?という指摘もあります。

目次
  1. 過去の逃走劇
  2. 市橋達也受刑者
  3. リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
  4. 市橋達也受刑者の逃走から逮捕まで
  5. 市橋達也受刑者の書籍
  6. 市橋達也受刑者と樋田淳也容疑者比較
  7. 早急な逮捕を願います



1.過去の逃走劇

容疑者の逃走劇といえば、先日広島で逮捕された平尾龍馬脱走犯の事件がありました。
あの時は脱走から22日で、ネットカフェで通報されたことがきっかけになっています。

もう一つ、記憶に鮮明にのこっているのは、市橋達也容疑者(現受刑者)の大逃走劇かと思います。
本日はおさらいとして市橋達也容疑者(現受刑者)についてまとめてみたいと思います。
また、樋田容疑者とすこし比較してみました。



市橋達也受刑者

 2.市橋達也受刑者

市橋達也容疑者(現受刑者)は2007年千葉県で発生した、イギリス人英語講師殺人事件の犯人(事件当時28歳)として、現在無期懲役の判決を受け服役しています。

彼は、裕福な家庭(両親がそれぞれ医師と歯科医師)で育ち、自身も医学部を目指していたが4浪の末合格できず、千葉大学園芸学部へ入学しています。そのご就職に失敗し無職のまま、親所有のマンションで仕送りをもらいながら生活していました。

殺人事件という大罪を犯して、結局無期懲役となるのですが、もともとはきちんとした家庭で育ったようです。
子供のころからワルだったとか、いわゆる凶悪犯というイメージではありませんね。

 3.リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

市橋達也受刑者が殺害した、イギリス人英語講師リンゼイ・アン・ホーカーさんは、事件当時22歳。カナダ人のルームメイトと同居しながら、英会話学校の講師をしていました。
正規の講師とは別に、個人でプライベートレッスンをしていたところ、生徒であった市橋受刑者に殺害されることとなります。

市橋達也受刑者は、事件当時、リンゼイさんとのレッスン後、レッスン料を忘れたと嘘をつき、自宅に連れ込みます。そこで、すきをみて、リンゼイさんを結束バンドで拘束し、暴行をくわえています。
この事件は、おそらく計画的におこなわれました。
その後、リンゼイさんが騒いだため殺害しています。殺害することまで計画的であったかどうかはわかりません。
事件は、リンゼイさんのルームメイトが警察に相談したことで発覚しました。
リンゼイさんの部屋に残されたメモから、警察が市橋達也受刑者のマンションの家宅捜索にふみきります。
しかしこの時捜査員のミスにより、市橋達也受刑者を取り逃がしてしまいます。これが第逃走劇の始まりとなりました。

4.市橋達也受刑者の逃走から逮捕まで

市橋達也受刑者の逃走後、公的懸賞金制度が適用され、懸賞金が掲出されました。
最終的に報奨金額は1000万円となりました。

市橋達也受刑者は逃走時、5万円程度を所持していたそうです。これは当面の逃走費用には十分ですね。逃走開始後に放置自転車や電車を移動して逃亡を開始します。
関東周辺を放浪したのち、北は青森まで逃亡します。
その後さらに、日雇い労働や簡易宿泊所で有名な、大阪市西成区まで南下しています。
さらには岡山、四国を周り、フェリーを利用して鹿児島経由で沖縄県オーハ島まで逃亡するのです。オーハ島では自給自足のサバイバル生活をしています。
かなりのバイタリティーですね。

途中図書館で情報を入手したり、大阪で住み込み労働を行ったりとかなり大胆に行動しています。東京ディズニーランドにも行っています。

最終的には2008年の11月に、フェリーターミナルの従業員により通報され逮捕されているのですが、逃走中に、大移動、就業さらには整形まで行っていたことが発覚したのです。逮捕時には大ニュースとなったのを覚えています。

5.市橋達也受刑者の書籍

実は市橋達也受刑者は、上記の大逃走劇についての書籍を自ら手記として出版しています。
一部では、この書籍が同様の犯罪を犯した者が逃亡するさいに参考になるという危険が指摘されています。
樋田淳也容疑者が、市橋達也受刑者の逃走劇や、書籍を目にしたことがある可能性もありますね。

6.市橋達也受刑者と樋田淳也容疑者比較

市橋達也受刑者と樋田淳也容疑者ですが、どちらも警察を出し抜くしたたかさと、頭の良さを感じます。
一方で、樋田淳也容疑者は、計画的に且つ、常習的に犯罪を行ってきた過去があり、(おそらく)突発的に殺人まで至ってしまった、市橋達也受刑者とは犯罪者としての性質が異なるのではないかと考えられます。

7.早急な逮捕を願います

個人的には、樋田淳也容疑者は逃亡中もリアルタイムで犯罪を起こしている可能性があり(複数のひったくり事件)、逃亡中に犯罪を起こしていない市橋達也受刑者以上に危険な存在だと思います。
あらたな被害者がでるまえに、一日も早い逮捕を願います。



0 件のコメント :

コメントを投稿